体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【土日で満喫】“九州ふっこう割”は12月末まで! はじめての大分・別府へレッツゴー

pb125311

こんにちは、旅ライターの新里碧です。
はじめて訪れた別府を中心とした大分県の魅力を『土日のみの週末ツアー』に、ぎゅぎゅっと凝縮してご紹介いたします。
地獄蒸し工房 鉄輪

【1日目】

土曜日の早朝便で羽田空港を出発。
大分空港までは1時間40分ほどなので、ひと眠りしているうちに到着です。

pb104937

まずは日本有数の温泉地として有名な別府へ移動します。
空港から別府駅まではバスで1時間ほど。

駅のコインロッカーに荷物を預けたら、早速温泉にGO!

駅前高等温泉

pb135561

大正2年創業のレトロな外観の温泉です。
別府駅から徒歩2分という便利な場所にあり、朝6時から深夜0時まで営業しています!
入湯料は『あつ湯』と『ぬる湯』それぞれ200円で、なんと宿泊も格安です。
広間での相部屋宿泊は1人1,600円!その他個室もあり。

別府ロープウェイ

pb114968

標高1,375mの鶴見岳に登るロープウェイです。

pb114983

展望台に登れば、この通り!別府の街が一望できます。
この鶴見岳は、湾の形が鶴が翼を広げているように見えることから”鶴見”岳と呼ばれているそうです。

春は桜、初夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪というように四季折々の絶景が楽しめるので、カメラ好きやインスタ好きにおすすめのスポットです。

pb115012

取材に行った11月初旬は、冬に咲く珍しい桜が咲いていました。
ちなみに、山の上は下と比べて気温が10度ほど低いのでご注意を。

城島高原パーク

pb115017

日本初の木製コースター『ジュピター』があるのが、こちらの遊園地『城島高原パーク』です。
雄大な山々を背景に広がる全長1,600mの姿は、乗る前からその迫力に圧倒されそう…
ちなみに、『木製』→『木星』→『ジュピター』というネーミングになったそうです。

pb115021

このコースターの魅力は何と言っても、木のきしみ。
映画やゲームなんかで暴走トロッコに乗るシーン、まさにあんな感じです。

pb115027

落下する恐怖が和らいでしまうほどの、きしみ&横揺れ。
腰が痛い人は気をつけてください。

そして、城島高原パークにはもうひとつ、都心の遊園地には無いダイナミックな乗り物があります。
それが、この『ポセイドン30』。

pb115023

TDLで言うところの、ジュピターがビックサンダーマウンテンだとすると、こちらはスプラッシュマウンテン城島高原パークバージョン。
“よくある水に落下する系”の乗り物と思って油断していると、その衝撃に度肝を抜かれること間違いなしです。

海地獄

pb125322

美しいコバルトブルーの湯から、もうもうと立ち上がる湯気!湯気!湯気!

pb125319

『これぞ別府!』と思わせる98度の圧倒的な湯気!

ちなみにこちらの海地獄にある『レストラン海』では、温泉の熱で作ったプリンがあり、これがまた美味いのです。

pb125324

昔ながらの“ザ・プリン”という印象。1つ300 円なり。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy