ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

誕生から35年、さらに進化した『超合金魂 GX-45 マジンガーZ』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


バンダイは、『超合金魂 GX-45 マジンガーZ』を2009年5月30日に発売します。超合金生誕35周年と35年ぶりのテレビアニメ化にあたって『マジンガーZ』の商品展開を本格化しており、今回の発売はその第一弾になります。価格は7140円(税込)です。

1974年、ポピー(現・バンダイ)は、ダイキャスト(亜鉛合金)をメイン素材としたロボット玩具シリーズ『超合金マジンガーZ(1300円、税抜)』を発売し、その重量感あるリアルさで当時の子どもたちに驚きと感動を与えました。1997年には、「少年の心を持った大人たちへ」をコンセプトに、大人も納得するクオリティを実現した『超合金魂』シリーズを展開。第一弾商品となった『超合金魂 GX-01 マジンガーZ(6090円、税込)』はシリーズ累計20万個を販売しました。『超合金魂』シリーズ全体では累計220万個を出荷するロングセラーとなり、大人向け玩具市場を開拓することに成功しています。

新しい『超合金魂 GX-45 マジンガーZ』は、これまでの『マジンガー』を大幅に上回る可動域が大きな特徴。ダイキャスト製の玩具では不可能と考えられていた“立てひざをついてのロケットパンチ”ポーズをついに実現しています。さらに、これまでの『超合金魂』ではパーツを差し替えなければいけなかった『ホバーパイルダー(マジンガーZのコクピットとなる戦闘機)』の変形も、アニメそのままの動きで再現できるようになりました。


かつて『マジンガーZ』を見て心躍らせた少年たちも、今や30~40代になっています。彼らの少年時代の夢をかなえる大進化を遂げた『超合金魂 GX-45 マジンガーZ』は2009年12月末までに5万個の販売を目標にしているとのこと。初回生産分を購入すると『超合金35周年記念 お手入れセット』の店頭プレゼントもあります(このニュースの元記事はこちら)。
 
 

■こんなおもちゃ&ガジェットのニュースもあります
よみがえれ80年代! 『復刻!ガシャポン戦士シリーズSDガンダムワールド』発売へ
機動戦士ガンダム30周年記念DVD『ガンダム30thアニバーサリーコレクション』を発売
【日曜版】静岡の果てにガンダム工場を見た【速報】
ついに実物のガンダム登場か!? お台場で計画スタート!
ザ・東京タワータワー

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。