ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

芝刈りから除雪まですべて自動で作業!一石三鳥の機能を誇る庭掃除ロボット「Kobi」が便利すぎる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

kobi_1聞くところによると、平均的なアメリカ人は、芝生と庭の手入れに、年間約70時間も費やしているのだとか。つまり、一年間で約2週間分の労働時間を、芝刈りに充てているということになる。

しかし、そこは自由を愛するアメリカ人。「そんなの、時間がもったいない!」とばかりに登場したのが、この「Kobi」だ。掃除機と見間違えそうな外観だが、実はロボット。シーズンレスで庭のケアを一手に引き受ける、超優秀なプロダクトだ。

・3つのモジュールでオールシーズンの庭掃除に対応

kobi_2「Kobi」は、複数のモジュールで成り立っている。ベーシックな芝刈りモジュールと落ち葉を掃除するリーフモジュール、除雪に役立つスノーモジュールの3つ。季節や庭の状態に応じて機能を切り替え、対応する仕組みだ。

いずれのモジュールで稼働しても、人の操作は必要ない。完全自律型のため、「Kobi」自身が状況を判断し、最適なモジュールで活動してくれる。特にありがたいのは、除雪の機能。天気予報を同期しているので、少量の雪でも即座に反応し、作業に取りかかる。

・早期ユニットはすでに完売

kobi_4これだけ優秀だと、盗まれてしまうのでは?そんな声が聞こえてきそうだが、心配は無用。本体はピンコードで保護されている上、他者が持ち出そうとすれば、アラーム音とともに、持ち主のスマホへ通知されるようになっている。

本国では大人気で、テストユーザーに用意した早期ユニットはすでに完売。現在は、質問要綱から利用者を絞って、提供しているそう。日本での発売を待ちたい。

Kobi

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。