ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ハリー・ポッター」最新作がついに発売 その魅力をいちはやく紹介

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ついに出版された、ハリー・ポッターシリーズの最新作『ハリー・ポッターと呪いの子』(J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーン著、松岡佑子訳、静山社刊)。

ハリー・ポッターシリーズのこれまでの作品は全て映画化されてきたが、今回の新作はシリーズ史上初めて舞台化され、映画ではエマ・ワトソンが演じてきたハーマイオニー役に、アフリカ系女優ノーマ・ドゥメズウェニを起用したことが世界的な話題となった。

『ハリー・ポッターと呪いの子』は初出が舞台だったこともあり、小説の形式ではなく、登場人物のセリフにト書きが入った「脚本」の形式となっている。

■ハリー・ポッター最新作のカギは過去作品に登場した「禁断の道具」

舞台は前作『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年後、大人になったハリー・ロン・ハーマイオニーたちの物語となっている。

ジニー・ウィズリーと結婚たハリーは、魔法省での激務をこなしながら、三人の子どもを育てている。特に次男のアルバスはホグワーツ魔法学校に入る年齢とあって難しい年ごろ。

一方、ロンとハーマイオニー夫妻の娘、ローズもアルバスと同い年。今作は二人がホグワーツに向けて出発するところから始まる。

キングス・クロス駅からホグワーツ特急に乗り込んだ二人は、その車内で同じくホグワーツに入学するスコーピウス・マルフォイという少年に出会う。そう、あのドラコ・マルフォイの息子である。

アルバスはスコーピウスと親しくする様子を見せるが、ローズはそんなアルバスに警戒を促す。というのも、ローズは、スコーピウスの出生にまつわる、良からぬ噂を知っているのだ。

妻・アストリアとの間に子どもができなかったマルフォイは、血筋を絶やさないために禁断の方法をつかった。タブーとなっている「逆転時計」でアストリアを過去に送り、ヴォルデモート(ハリー・ポッター最大の敵とされる魔法使い)との間に子を作らせた、というのである。

過去の作品に通じている人であれば「逆転時計」は『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ですべて破壊されたことをご存知だろう。この禁断の道具が今作のカギ。というのも、魔法省のハリーのオフィスでも、何やら不穏な兆しがあり、それにもどうやら逆転時計が関わっているようなのだ。

アルバスやローズ、スコーピウスといった「第二世代」の成長とともに、大人になって変化したハリー、ロン、ハーマイオニーの関係性も新鮮でおもしろい。

問題は脚本という形式だが、小説版の長大さが苦手だった人にとっては、むしろこっちの方がすっきりして読みやすいかもしれない。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

あのサイゲン大介が語る、どんなレシピにも書いてない「料理で最も大事なこと」

ツイッターで大人気「鼻提灯猫」の写真家が、“気ままなネコ”の写真集発売

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP