体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Lenovo、新型タブレット「LePad S2007」と「LePad S2010」を発表、Android 3.2(Honeycomb)、1.5GHzデュアルコアSnapdragonを搭載

Lenovoが新型Androidタブレット2機種「LePad S2007」と「LePad S2010」を発表しました。「LePad S2007」は7インチタブレット、「LePad S2010」は10.1インチタブレット。それぞれ、Android 3.2(Honeycomb)、Qualcommの1.5GHzデュアルコアSnapdragon、1GBのRAM、microHDMI、microUSB、microSD/microSDHCカードスロット、背面に720pHDサイズの動画撮影も可能な800万画素CMOSカメラ(AF、F値2.2、顔認識、手ブレ補正、パノラマ撮影、タッチフォーカス対応)、前面に130万画素CMOSカメラを搭載。China TelecomのCDMA 2000とChina UnicomのWCDMAをサポートします。「LePad S2007」は7インチWXGA(1,280×800ピクセル)サイズのIPS液晶ディスプレイを搭載し、厚さは9.7mm、質量は380g。バッテリー容量は3,780mAh で、Wi-Fi接続時の使用時間は最大8時間、スタンバイ時間は最大500時間とされています。

「LePad S2010」は10.1インチWXGA(1,280×800ピクセル)サイズのIPS液晶ディスプレイを搭載し、厚さは9.9mm、質量は670g。バッテリー容量は7560mhAで、Wi-Fi接続時の使用時間は最大11時間とされています。Source : LenovoEngadget Chinese 


(juggly.cn)記事関連リンク
Lenovo、5インチLTPS液晶・1.2GHzデュアルコアSnapdragonを搭載したAndroidスマートフォン「LePad S2005」を発表
Xperiaユーザなら2012年12月末までオンラインストレージ「Box.net」の50GBが無料で貰える
Galaxy Nexus SC-04Dの発売日が12月2日に決定

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。