ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通秋葉原制覇】昭和25年創業!老舗の豚カツ屋さんで『カキバター定食』を食す! @『万平』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

manpei016_r

ガジェット通信のある秋葉原も秋を迎え、いよいよ本格的な“牡蛎フライ”の季節になりました。というわけで、筆者(YELLOW)も美味しい牡蛎フライを求めて旅に出ます。

昭和25年創業『万平』

manpei013_r

秋葉原周辺でも古い街並みの残る神田須田町にある『万平』は、昭和25年創業の老舗で御座います。

秋葉原にある豚カツ屋さんとしても、かなりの重鎮と呼べる立ち位置にあり、それゆえ訪れた事がある人は意外と少ないかもですね。

manpei012_r

基本、相席で応用的にも相席ですし、ピークタイムは常に満席になる人気店なので、ちょいと時間を外して訪れると良いかもです。

『カキバター定食』を食す!

manpei017_r

「牡蛎フライを求める旅に出ると言ったな? あれは嘘だ」

店内も満席でして写真にモザイクを入れたくない筆者としては、特に使える写真もないので、さっさと実食に入るパターンです。

大きな牡蛎が7個(基本は6個らしいです)ほど並び、ボリューム的には良い感じです。

manpei020_r

また写真では伝わりませんが、バターと醤油の香りが非常に食欲をそそる一品で御座います。

『万平』の豚カツも絶品かと思いますが、相席の人が『カキバター定食』(1750円)を食べていたら羨ましくなると思うので、迷わず『カキバター定食』に走ったのは正解だと思います。

御飯に合いすぎる『カキバター定食』

manpei021_r

無論、微妙に『カキフライ定食』(1750円)と悩んだのですが、どうせならオリジナリティー溢れる『カキバター定食』が良いと思った次第です。

そして!

何気に味付けが濃い目なので、かなり御飯がススム君で御座います。

manpei019_r

ぶっちゃけ、醤油的な甘辛いタレとバターで小麦粉をまぶした牡蛎を揚げ焼いただけですが、恐ろしいほどの破壊力を秘めています。

manpei022_r

また、味付けは濃い目ですが牡蛎も大振りなので、ちゃんと牡蛎本来の美味しさも感じられるのは素晴らしいと思います。

味噌汁にも手抜き無し!

manpei015_r

サイドを固める浅漬け&味噌汁も完璧ではないでしょうか?

若干、キャベツの浅漬けは“キャベツ&キャベツ”になる可能性は否めませんが、美味しいので文句はありません。

manpei018_r

味噌汁も安定の美味しさ。

そりゃ半世紀以上に渡って味噌汁を作っているのですから、そこら辺の定食屋さんと比べるのが間違いかもです。

manpei023_r

ご馳走様でした!

『カキバター定食』 総評

manpei000_r

お値段1750円、筆者の財布が出血死するランチですが、あえて言おう!

「カキバター定食はオススメである!」

……と。少なくとも牡蛎の美味しい季節には必ず一度は食べたいですね。

もっとも味にコダワル『万平』では牡蛎が美味しい季節しか牡蛎を使ったメニューは提供しないのですが、その季節を狙って訪れる価値はあります。

牡蛎は火を入れるとメチャメチャ縮むので、焼き上がりでこの大きさの牡蛎ともなれば、原価の方も安くはありません。なので1750円と言う価格ですが、貧乏な筆者でも納得出来る内容となっております。

それでは、是非みなさんも『万平』の美味しい『カキバター定食』食べてみて下さい。

『とんかつ万平』

住所:東京都千代田区神田須田町1-11

営業時間 11:30~14:00 17:30~19:00
土曜日は昼営業のみ

定休日:日曜祝日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。