ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【新宿】知る人ぞ知る「お茶漬けBar」!日本酒とおつまみが感動的な品ぞろえ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【新宿】知る人ぞ知る「お茶漬けBar」!日本酒とおつまみが感動的な品ぞろえ

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

予約しての訪問です。「お茶漬けBar ZUZU」へ。

酒飲みのためのお茶漬けBar。日本酒の品揃えが感動的!(新宿・お茶漬けBar ZUZU)
お茶漬けとお酒が主のお店なのね~? と思いながらメニューを見てみると、日本酒の品揃えとおつまみメニューの素敵さに驚きました。このお店、やるなぁ。お酒が好きな人(とくに日本酒好きな人)には楽しくてしょうがないお店だと思います。普段あまりみかけない日本酒もあるし、日本酒に合いそうなおつまみがずらり。

酒飲みのためのお茶漬けBar。日本酒の品揃えが感動的!(新宿・お茶漬けBar ZUZU)
ホタルイカの沖漬けや牡蛎の山椒煮、梅水晶などをちびりちびりとつまみつつ長居したくなる感じ。長居したくなる理由は料理やお酒だけではありません。まるで友達の家に来たようなほっこり感だから。落とし気味の照明と低いテーブル。足を崩してリラックスしながら過ごしたい。箕面のビールがあるのもここのお店の珍しい特徴。

酒飲みのためのお茶漬けBar。日本酒の品揃えが感動的!(新宿・お茶漬けBar ZUZU)
専用のかわいいコースターで、箕面ビールを味わいます。スタウトがおいしかった~! 料理はとにかくおなかいっぱい様々な物を注文したのですがその中でも印象的だったのは鯖と秋刀魚の燻製。

酒飲みのためのお茶漬けBar。日本酒の品揃えが感動的!(新宿・お茶漬けBar ZUZU)
低温調理でじっくりと時間をかけたものとのことで、燻し感は控えめですが魚の旨みが凝縮されていて品のあるおいしい料理でした。

山芋の磯部揚げと納豆の磯部揚げ

酒飲みのためのお茶漬けBar。日本酒の品揃えが感動的!(新宿・お茶漬けBar ZUZU)
食感がたまらない! ほくほくアツアツ。ハフハフ言いながら揚げたてを味わいました。

酒飲みのためのお茶漬けBar。日本酒の品揃えが感動的!(新宿・お茶漬けBar ZUZU)
ネギでお皿が緑に覆われている見た目も楽しい「牛ロースの葱まみれ」など、どれを食べてもう~ん。これはうまい! とパクパク食べてしまう。

■あわせて読みたい
新宿から電車で80分の小田原。とれとれピチピチの地魚を食べに行こう。
http://tabizine.jp/2016/06/29/83022/

伯楽星(はくらくせい)

酒飲みのためのお茶漬けBar。日本酒の品揃えが感動的!(新宿・お茶漬けBar ZUZU)
寫楽(しゃらく)

酒飲みのためのお茶漬けBar。日本酒の品揃えが感動的!(新宿・お茶漬けBar ZUZU)
などなど、あれやこれやと我ながらよく飲んだなぁ。〆はもちろんお茶漬けです。

酒飲みのためのお茶漬けBar。日本酒の品揃えが感動的!(新宿・お茶漬けBar ZUZU)
お茶漬けの種類の豊富さはさすがお茶漬けBarと名乗るだけある。さっぱりサラサラっと味わいたかったので「海苔茶漬け」にしました。トッピングもできるので自由度高いお茶漬けを味わえます。私はちょっと贅沢に鯛をトッピング。

酒飲みのためのお茶漬けBar。日本酒の品揃えが感動的!(新宿・お茶漬けBar ZUZU)
海苔のふわっと香る磯の香りと鰹と昆布のダシ。ここに鯛の淡泊なうまみが加わり五感で味わう至福のお茶漬け。いや~、幸せだよ、今日も。店員さんの接客がまたイケてます。このお料理に合う日本酒は? おすすめの料理は? なんていう質問に戸惑うことなくサクサクっと回答してくれる。しかも「メニューにないけれどこんな日本酒どうですか?」とレアな日本酒を持ってきてくれたり、「このお料理にはこの日本酒が合うと思います!」と最後までしっかりと提案してくれてすっかりファンになりました。「このお店良いよ~。知ってる~?」と自慢したくなるお店。

[寄稿者:まちむすめ]
■あわせて読みたい
海外から理解されにくい日本語の「味覚」3選〜「滋味」って何!?〜
http://tabizine.jp/2016/08/05/89200/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。