ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTE、裸眼立体視に対応した6インチ大画面の3Dスマートフォン「Axon 7 Max」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZTE は 10 月 27 日、裸眼立体視に対応した 6 インチスマートフォン「Axon 7 Max」を発表しました。Axon 7 Max は、先に発売された Axon 7 / Axon 7 mini の大画面モデルで、6 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの 3D ディスプレイでは過去に発売された 3D スマートフォンのように、専用メガネ不要で画面のコンテンツを立体視できます。OS は Android 6.0 Marshmallow です。Axon 7 Max の場合、ディスプレイはマイクロレンズアレイを用いた LCD 投映ディスプレイを採用しているそうで、從來の 3D スマートフォンよりも 3D 画像は明るく鮮明に見えるとされています。Axon 7 Max には背面に 1,300 万画素カメラを 2 つ搭載しており、3D 写真・動画を撮影できるともいわれています。また、3D コンテンツについては、あらかじめ 3D 対応のゲームアプリと動画がそれぞれ 10 本ずつプリインされており、本体にもコンテンツを 2D から 3D に強制変換する機能が備わっているそうです。Axon 7 シリーズはオーディオにこだわっているところも特徴です。Axon 7 Max の場合もステレオスピーカーや、オーディオコーデックにモバイル向けではハイエンドな「AK4962」を採用するなど、再生・録音の音質に優れています。Axon 7 Max はスペック的にはミッドレンジ ~ ハイエンドクラスの機種で、Snapdragon 625 2.0GHz オクタコアプロセッサ、4GB RAM、64GB ROM、前後に 1,300 万画素カメラ、4,100mAh バッテリーを搭載しています。Axon 7 Max の価格は 2,999 元で、11 月 3 日に現地の大手 EC サイトで発売されます。Source : Weibo

■関連記事
Y!mobile、Android One 507SHのAndroid 7.0アップデートを開始
Sony、腕時計型ウェアラブルデバイス「wena wrist」のBEAMSコラボモデルを発表
動画ストリーミングサービス「DAZN」でバレーボール国内リーグ「Vリーグ」の試合映像が配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP