体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【実は日本で2社】味噌を知り尽くした元祖「八丁味噌蔵」で味噌三昧の旅をする【愛知・岡崎】

f:id:uralatokyo:20160921102632j:plain

名古屋めし”といえば「味噌煮込みうどん」「味噌カツ」「味噌田楽」に代表される「赤味噌文化」。赤味噌とは、大豆と食塩、水を原料として長期熟成させる豆味噌の一種で、その代名詞ともいえる銘柄が「八丁味噌」です。皆さん、食べたことはありますか? (後述しますが「赤だし味噌」ではないですよ)

では、コレはご存知でした?

「八丁味噌」を造っている会社(蔵)は日本で2社。

「まるや」と「カクキュー」のみ!

つまり、世界中でも2社 しかないんです。

f:id:uralatokyo:20160921103854j:plain

しかもその2社は愛知県岡崎市にあり、小路を挟んで向かい合わせの立地。

どちらも予約不要・無料で工場見学ができて、試食や味噌の食べ比べ、蔵元でしか食べられない味噌料理も味わえます。つまり、1日で2大ブランドの味噌三昧の旅ができるということ! 味噌好きにはたまりません。

近年では健康食として海外からも注目を集める八丁味噌。

岡崎生まれの徳川家康が享年75歳という当時としては長寿だったのは、「江戸に八丁味噌を取り寄せて毎日味噌汁として飲んでいたから」だといわれています(諸説あり)。

そこで、メシ通レポーターで愛知出身の山口が、江戸時代から名古屋の食文化の支えてきた岡崎の八丁味噌のルーツと、聖地で味わえる味噌料理の数々をご紹介します。

旧東海道を挟んで向かい合う味噌蔵

名鉄「岡崎公園駅」から徒歩1分、愛知環状鉄道の高架をくぐった交差点に差し掛かると、それらしき看板が見えてきます。

f:id:Meshi2_IB:20160928092011j:plain

▲このまっすぐに伸びる道が旧東海道

f:id:uralatokyo:20160921104130j:plain

▲旧東海道を挟んで向かい合うのが「カクキュー」と「まるや」

f:id:uralatokyo:20160921104407j:plain

▲高架に向かって左手を見れば「カクキュー」

f:id:uralatokyo:20160921104518j:plain
1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。