ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手に入れるには抽選のみ! プレミアムすぎる非売品『ザ・プレミアム・モルツ』が極上だった

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

サントリービールから2015年3月に発売された『~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム』。醸造家たちの「まだ世界のどこにもない、心が震えるほどにうまいビールをつくる」という夢を実現したこのビールですが、さらに“もう一つの夢の形”を実現したというビールが誕生しました。本来であれば非売品なのですが、メディア向けに試飲できるということで、東京・丸の内にある『MASTER’S DREAM HOUSE』に行って参りました。

『~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>』と第されたこの特別なビール。現代ではほとんど失われてしまったというビールの伝統的な醸造方法・木樽熟成に挑戦。サントリーのシングルモルトウイスキー『山崎』の原酒に使用された樽で熟成されたとのこと。

サントリービールの醸造家・岡賀根雄氏によると、『マスターズドリーム』のダイヤモンド麦芽使用、トリプルデコクション製法、銅炊き仕込といった製法はそのままに、新しい味わいに挑戦するため、20数個の木樽で醸造。そこから少しずつブレンドしていったといいます。

まずは、『マスターズドリーム』を頂きます。口あたりのやわらかさとアロマホップの香り高さはさすがの一言。非売品のビールはこれよりもスゴいというのでしょうか……。

そして、『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>』は……。見た目、泡のきめ細かさは『マスターズドリーム』と同様ですが、よりブラウンに深みがありますね。

実際に飲んでみると……『マスターズドリーム』とまったく別モノといっていい甘さを感じさせる口当たり。飲むほどに味わいが深くなり、香りも『山崎』の木樽を使っているということもあって厚みがあります。岡氏が「時間とともに変わっていく味わいを楽しんでほしい」と話すように、ゆっくりと時間をかけて飲むと口あたりや香りが微妙に変化して、より自然を感じ取ることができます。それでいて雑味がまったくなく、喉越しもすっきりとしていながらホップの余韻も感じられます。お世辞抜きに至高の一杯といえるでしょう。
ちなみに、アルコール度数は8.5度とやや高めです。

この特別感満点な『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>』ですが、醸造に手をかけまくっているために残念ながら市販には至らず。そのかわりではないですが、日頃から『マスターズドリーム』を愛飲している人がキャンペーンサイトから応募すると、抽選で1000名に715ml瓶がプレゼントされます!
ビール好きならば一度飲んでみてしかるべきな極上の一本。キャンペーンは2016年11月30日まで募集しています。その際のアンケートには『マスターズドリーム』への感想を書く箇所があり、岡氏をはじめとする醸造家も必ず目を通すとのことなので、アツいビール愛が語ってみてはいかがでしょうか。

<山崎原酒樽熟成>ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム(サントリー)
http://www.suntory.co.jp/beer/mastersdream/yamazaki/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP