ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「TaskBar」がAndroid 7.1のアプリショートカットに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 上で Windows 風のタスクバーを利用できるようにするアプリ「TaskBar」が v2.0.4 にアップデートされ、Android 7.1 Nougat のアプリショートカットに対応しました。先週は Evernote が対応し、今後も徐々に対応アプリが増えていくと見られる「アプリショートカット」は、ホーム画面上のアイコンを長タップするだけで、そのアプリの各メニューへダイレクトにアクセスできるショートカット機能です。TaskBar の場合は、ホーム画面に配置したアイコン上を長押しすると、TaskBar の機能を ON にできるほか、Android 7.0 以上のフリーフォームレイアウト(マルチウィンドウ機能の一種)を有効にすることができます。フリーフォームレイアウトとは、リサイズ可能なウィンドウでアプリを複数起動できるようにするマルチウィンドウモードのことです。スマートフォンとタブレットで利用することができます。「TaskBar」(Google Play)

■関連記事
GoogleフォトのAndroidアプリがフォルダ検索に対応
Moto Mのティザー画像が流出
米AT&T、大手メディア企業 Time Warnerを8兆9000億円で買収

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP