ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Pixel / Pixel XLの暗号化処理ではSnapdragon 821の暗号化ハードウェアが使用されている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google Pixel / Pixel XL におけるデータの暗号化には Snapdragon 820 / 821 に内蔵されている専用ハードウェアが使用されていることが分かりました。これは、Google のエンジニア @t_murray 氏が明らかにしたことで、彼によると、Snapdragon 820 / 821 には専用の暗号化エンジンが搭載されており、これのおかげで CPU が暗号化処理をロードすることがなく、性能に対して良好だと述べています。Android 6.0 以降、Google は OEM 各社に対して Android デバイスを発売するには一定以上のパフォーマンスを確保したうえで暗号化をデフォルト有効にすることを義務化しています。このため、端末によっては、暗号化・復号化の処理のためにシステムの性能が劣化する場合もあります。Snapdragon 820 / 821 を搭載した端末ならこの心配はなさそうです。なお、Pixel / Pixel XL は Android 7.1 を搭載しているので、暗号化機能は従来のディスクベースの暗号化ではなく、ファイルベースの暗号化が有効になっています。Source : Twitter

■関連記事
Google Pixel XLがiFixitで分解、意外にも比較的修理しやすい模様
Android 7.1ではGoogleキーボードでGIFアニメを探してメッセンジャーアプリから送信することが可能
Android 7.1で絵文字機能がアップデート、600種類において追加・変更が実施される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP