体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

折り紙準結晶

生活・趣味
有機化学美術館・分館

今回は佐藤健太郎さんのブログ『有機化学美術館・分館』からご寄稿いただきました。

折り紙準結晶

古くからの読者の方はご存知の通り、筆者の趣味は折り紙です。この趣味の人間は、形あるものなら何でも紙で折ってみようとするものです。で、筆者もふと思いつきました。今年ノーベル賞を受賞した、準結晶をなんとか折り紙で作れないものか。

「第3の固体・準結晶の発見にノーベル化学賞」 2011年10月06日 『有機化学美術館・分館』
http://blog.livedoor.jp/route408/archives/51952099.html

この図形(トップ画像参照)、角度が36°・144°のひし形と、72°・108°のひし形から成ります。このパーツをひとつひとつ折り紙で作って組んでいけばいいわけですが、実は辺の長さをそろえようとすると結構面倒であることに気づきました。三角関数とかを駆使して計算し、面倒くさい紙の切り出しをする必要があります。うーむ、どうすっかな……(-_-)。

と、筆者はここでひらめきました! 筒状の角柱を作り、これを上から見れば簡単にサイズのそろったひし形が作れるではないか! これなら面倒な計算なしに、サイズ合わせが可能ですよ! (べっ、別に三角関数の計算ができないわけじゃないんだからねっ! より簡便な技法をみなさんに提供したいだけなんだからねっ!)

折り紙準結晶

こういうことっすね。

用紙は折り紙や紙テープを切ってもいいし、なんならチラシの裏でも何でもいいわけですが、ここでもうひとつひらめきました! ポストイット、和風にいえば付箋を使えばよいではないか! ついているのりも役立ちます。

折り紙準結晶

ポストイット『ふせんハーフ』

付箋用紙はわざわざ切るまでもなく細長いものが売っていますし、カラフルで紙質のいいものがたくさん手に入るので、気兼ねなく使えるのもいいところです。筆者は手元にあったポストイットふせんハーフを使いましたが、100円ショップのものでも十分でしょう。この規格は12.5mm×75mm、つまり1:6の比率です。

折り紙準結晶

こんな感じで6等分してゆく。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会