ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、日本円で15,000円のデュアルカメラスマートフォン「Honor 6X」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei は 10 月 18 日、999 元(約 15,400 円)で販売されるデュアルカメラスマートフォン「Honor 6X(BLN-AL10)」を正式に発表しました。Honor 6X は約 1 年前に発売された Honor 5X の後継モデルです。価格は据え置きでスペックを全体的に強化しており、これまでの “サブ 1,000 元スマートフォン” を打ち破る製品に仕上がっています。プロセッサは新たに 16nm の Kirin 655 を採用。CPU は Cortex-A53 x4@2.1GHz + Cortex-A53 x4@1.7GHz で、GPU は Mali-T830MP2 という構成です。メモリ仕様はサブ 1,000 元スマートフォンなのに 3GB RAM + 32GB ROM を採用しています。また、背面には 1,200 万画素 + 200 万画素のデュアルカメラが搭載。前面は 800 万画素です。バッテリー容量は 3,340mAh に増え、背面には指紋リーダーが付いています。OS は Android 6.0 で EMUI 4.1 が搭載されています。Honor 6X には 4GB RAM + 32GB ROM モデルと 4GB RAM + 64GB ROM モデルも用意されていますが、これらの発売時期は未定です。なお、最安モデルは 10 月 25 日に Vmall 等で発売されます。Source : Vmall

■関連記事
Nokia、年内にスマートフォン2機種、来年Q2までにもう2機種を発売する計画
Hamee、ハリスツイードを使用したスマートフォン用のポーチと手袋を発売
正体不明のMotorolaスマートフォンがカナダで発見される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP