体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原で一番美味しいメンチカツを発見した喜びを分かち合いたい @『洋食工房ジェンコ』

jenko-men031_r

秋葉原の食を探求するガジェット通信の“ガジェ通秋葉原制覇”ですが、あえて言おう!

「秋葉原でメシ喰わないで、どうするの?」

かつては買い物がメインな電気街でしたが、今は東京でも屈指のグルメタウンとして栄えているので、秋葉原に来て飯を食べないとか有り得ません。

というわけで、今回は筆者も一発で虜になった洋食屋さんを紹介してみましょう。

隠れた人気店『洋食工房ジェンコ』

jenko-men002_r

そもそもが“昭和通り”を渡ってまで飯を食べに行く人がどんだけいるのかって話ですが、秋葉原の飯を語るなら昭和通りを渡らない事には、お話しになりません。

そして!

昭和通りを渡る観光客がほぼいないのに、何故か昭和通りを渡った側の定食屋さんは、ランチタイムとなると大賑わいで御座います。すなわち秋葉原周辺で働く人達の店として、古くから親しまれている店が多いって事なのです。

というわけで、美味しい店に限って“土日祝日休み”みたいな強気の設定が少なくありません。

周辺の会社が休みになると途端に客足が落ちるし、平日だけでも営業を続けられるだけの売り上げがあるって事で、家族経営の人気店は無理して土日祝日は営業しないのです。

つまり、美味しい店を探す時は「平日しか営業してない店を探せ!」とも言えるのでメモっておきましょう。

jenko-men006_r

そんな感じなので、ほぼ土日しか取材しない筆者が『洋食工房ジェンコ』に訪れる機会はなく

「この店、いつも閉まってんな~」

くらいにしか思っていませんでした。

jenko-men000_r

しかし!

御徒町で他の取材を終え、平日の秋葉原を歩いていると煙草屋さんの角にさりげなく看板が置いてありました。

jenko-men001_r

「この位置に看板を出すだ……と?」

あえてローアングルな位置に看板をさり気なく置くスキル……かなり出来る店と直感しました。

メニューが豊富だ!『洋食工房ジェンコ』

jenko-men005_r

とりあえずメニューの二品を組み合わせる感じのランチでしょうか?

なので、かなりの組み合わせが出来るので、誰もが満足出来るメニューを選ぶ事が出来そうですね。

jenko-men028_r
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。