ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビヨンセ、ピアスが引きちぎれるもパフォーマンスを完遂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 教育支援のためのチャリティ・コンサート【Tidal X 1015】が10月15日に行われ、ビヨンセ、アリシア・キーズ、ニッキー・ミナージュ、ローリン・ヒルらが出演した。イベント中、2度のパフォーマンスを披露したビヨンセだったが、最初のステージでは激しいダンスの末、誤って自身のピアスを引きちぎってしまったことが明らかになった。

 ビヨンセは痛みや不快な様子を一切見せることなくパフォーマンスを続けていたため、客席にいた多くのオーディエンスはこのハプニングに全く気づいていなかったとのこと。しかし、ライブストリーミング映像でクローズアップされると、ビヨンセが「6 インチ」、「ホーンテッド」を歌っている際に耳たぶから血を流しているのをハッキリと確認でき、すぐさま多数ファンがツイッターで同アクシデントのことをツイートしていた。

 なお、今回のハプニングについて、ビヨンセの代表からのコメントは届いていない。

◎Beyonce continuing to perform after her earring ripped from her ear and started bleeding. A true performer.
https://twitter.com/TheDailyBey/status/787466491046354945

関連記事リンク(外部サイト)

ビヨンセ、医師からの指示によりNJ公演を延期
ビヨンセが35歳に! マライア、ミナージュらが祝福コメント
ビヨンセのバルセロナ公演でスペイン語ver.の曲を会場が大合唱

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP