ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【簡単レシピ】お鍋ひとつで完成! フランスの家庭料理「レンズ豆とソーセージの煮物」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さっと煮るだけで、すぐに食べられるレンズ豆。欧米では日本の大豆のような感覚で使われており、フランスの家庭料理でもお馴染みの食材のひとつです。多忙な平日の夜でもパパッと作れる、フレンチスタイルの「レンズ豆とソーセージの煮物」の作り方をご紹介します。お鍋ひとつでできるので、洗い物も少なくて済みますよ。

レンズ豆の種類と扱い方

食物繊維や葉酸、鉄分や亜鉛などの栄養素が豊富なレンズ豆。タンパク質が豊富で脂質が少ないため、ダイエット中の方にもおすすめの食材です。レンズ豆は、鮮やかなオレンジ色、緑色、黒っぽい色、茶色など色も大きさもさまざまです。種類ごとに茹で時間が若干異なるのですが、目安は20〜25分程度、柔らかくなればOKです。茹でる時に重曹をふたつまみほど入れるとふっくら仕上がります。


フランスではオーヴェルニュ地方のオート・ロワール県で栽培されており、「AOP」という原産地呼称を取得しているル・ピュイ産の緑色のレンズ豆「Lentille Verte du Puy」が有名です。煮物にサラダにパスタの具にと、使い勝手のよいレンズ豆です。

■あわせて読みたい
チェコの家庭料理!ガイドブックにも載っている地元価格で美味しいお店
お水にこだわるカフェでいただく、オランダの家庭料理「パンクネック」が絶品

TABIZINEのTOPページから最新記事をCHECK!

続いてはお鍋ひとつで作れる、レンズ豆の煮物の作り方です。

レンズ豆とソーセージの煮物(2人分)

材料
レンズ豆・・・70g(乾燥豆)
オリーブオイル・・・大さじ1
ニンニク・・・ひとかけ
玉ねぎ・・・1コ
ニンジン・・・1本
ローリエとタイム(あれば)・・・少量
ソーセージ・・・200〜300g
厚切りベーコン(なければ薄切りでもOK)・・・50〜100g
塩・コショウ・・・適宜

作り方
1. 手鍋にオリーブオイル、包丁の腹で潰したニンニクを入れて弱火にかける。香りが立ってきたら、薄くスライスした玉ねぎとニンジンを入れて4〜5分炒める。洗ったレンズ豆を加え、軽く炒めたら水をひたひたになるまで加えてフタをし、20分間煮込む。※ここでローリエとタイムを加えると、香り高く仕上がります。
2. レンズ豆が柔らかくなったら、食べやすくカットしたベーコン、フォークで表面をプスッと数カ所刺したソーセージを入れて、さらに5〜10分ほど煮込み、塩・コショウで味を調えたら出来上がり。

今回のレシピは、フランスの人気料理サイト「marmiton」と「750g.com」を参考に、日本のご家庭でも作りやすいように調整してみました。


基本の作り方をマスターしたら、トマト缶を加えるなどして味に変化をつけるのもよさそうです。

テーブルワインとパンを用意すれば、フランスの日常的な食卓の完成です。寒くなるこれからの時期にぴったりのメニュー、ぜひみなさんも楽しんでみてくださいね。

■あわせて読みたい
秋の食卓がエスニック風に!エクアドルの家庭料理「マグロのスープ」
【気になる世界の朝ごはん】スパイシーな刺激で眠気スッキリ! マレーシア編

TABIZINEのTOPページから最新記事をCHECK!

[marmiton.org] 
[750g.com] 
[Photos by Shutterstock.com] 

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP