ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRME : アイトラッキングだけで全ての操作が行えるVR動画アプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全ての操作が行える VR ヘッドセット内だけで行える VR 動画の視聴に最適な Android アプリ「VRME」を紹介します。VRME はスマートフォンで撮影した動画やネットからダウンロードした 360 度アングルの VR 動画を視聴できる動画プレイヤーなのですが、視線に先に現れる小さなポインタを移動させるだけで動画の再生・停止はもちろんのこと、動画一覧やメニューの移動、各種設定変更を行える VR ヘッドセットでの利用に最適化された UI を搭載しているのが特徴です。今ある VR アプリの難点は、コンテンツの切り替えなどでいちいちスマートフォンを取り出さなければならないことや、専用のタッチボタンが必要になる場合があることです。VRME はこの問題を完全に解消してくれます。アプリを起動してユーザーアカウントでログインするか、ゲストモードをタップすると、VRME のトップ画面が表示されます。中央のメインセクションには動画サムネイルが、上部にはメニューが表示されます。動画サムネイルにポインタを 1 ~ 2 秒当て続けるとメニューが決定され、再生が始まります。メニューの操作も同様にポインタをしばらく当てるだけです。VRME では 360 度アングルの VR 動画も再生できますが、端末に VR 動画が無かったので通常の動画をシアター風の表示モードで再生しています。動画を視聴中にシークバーにポインタを当てて左右に動かすと動画をシークでき、左側の停止ボタンにポインタを合わせると再生が止まります。一覧に戻りたい場合は上部の「リスト」タブにポインタを当てます。動画再生中に VR ヘッドセットを上下に軽く振ると設定画面が表示されます。ここでは音量や画面輝度、画面の固定(再生画面を目線に固定するか否か)のほかに、平面やシアター、360 度などの画面の表示方法や画面の分割方法、さらにアスペクト比や映像の表示サイズまでも調節できるのですs。視聴環境を事細かく調節でき、ユーザーやコンテンツに合った視聴方法を選べるのも VRME の特徴です。VR 動画の再生に対応したアプリは既に多数配信されていますが、VRME のように完全に VR ヘッドセット内だけで操作できるのはほぼありません。現時点で最も VR ヘッドセットでの利用に適したアプリだと言えます。「VRME」(Google Play)

■関連記事
Androidの「時計」アプリがAndroid 7.1のアプリショートカットに対応、再起動後もアラーム・ストップウォッチが継続可能に
BlackBerry DTEK60が今度はカナダのショップで予約開始
Actiontec、Wi-Fiチャンネルも選択可能なMiracastレシーバー「ScreenBeam 750」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP