体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おにぎらずの次は折りにぎる!? 折り紙とおにぎりを組み合わせたアートな新感覚おにぎり“オリニギリ”

おにぎらずの次はおりにぎる!?折り紙とおにぎりを組み合わせたアートな新感覚おにぎり『オリニギリ』

おにぎりといえば、様々な具も楽しめ、携帯ができ、手軽に食べることができる日本人のソウルフード。“おにぎらず”やスティックおにぎりなど、新しいタイプのおにぎりも人気ですよね。

グッドデザイン賞に日本の文化の一つともいえる折り紙と、食文化の一つともいえるおにぎりを組み合わせた“オリニギリ”というものが選ばれたということで、おにぎり好きの記者がさっそく体験してきました。

“オリニギリ”は、型紙をおりがみのように折り、形を作り、そこに海苔(のり)とごはん、そして好みの具をのせて完成させるおにぎり。

まじめにお話をしている開発者の新田さん

開発をした向日葵設計(ひまわりせっけい)代表の新田さんは、大手建築事務所から独立し、いかに無駄なく構造物や家具を作るかということで一枚板からのデザインや設計を研究してきた方。

一枚板から作る家具について説明する新田さん

建築や家具でつちかってきた考えを、日本のソウルフードであるおにぎりに結び付けたらいいのではというヒラメキで、建築家としてのお仕事の合間にせっせと構想を練り、開発したそう。

オリニギリ

“オリニギリ”は握るのではなく、折り紙で折った型に合わせて成形するという、不思議なおにぎり。テトラシェアなどの基本形の他に富士山や兜(かぶと)といった日本的な形など、すでにたくさんの型があり、今後も新しい形を開発していくとのこと。

オリニギリの折り方

お話だけきいているだけではなんなので、早速“オリニギリ”を作っていただくことに。

型紙を折っていきます

まず、型紙を説明書に沿って折っていきます。ここは完全に折り紙の世界ですね。

折り目に沿って形をつくる

全ての折り目をつけたら、形にしていきます。

型ができました

完成形の型に折ることができました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy