体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ついにDSiウェアで発売された『洞窟物語』イベントレポート

いよいよDSiウェアで発売した『洞窟物語』イベントレポート

2004年にパソコン用フリーゲームとして公開され、海外ではWiiウェア、DSiウェアに移植された『洞窟物語』が、11月22日に国内でもDSiウェアとして配信を開始しました。ガジェット通信でも発売決定を速報でお知らせしましたが、発売が発表されたイベント『洞窟物語のウラガワ ~誰も語らなかった『洞窟物語』物語~』のレポートをお届けします。

開発室Pixelの天谷大輔氏

『洞窟物語のウラガワ ~誰も語らなかった『洞窟物語』物語~』は、ニフティが運営するイベントハウス、東京カルチャーカルチャーで11月3日に開催されたトークイベント。『洞窟物語』作者である開発室Pixelの天谷大輔氏を迎えて、開発秘話が披露されました。ステージ上には天谷氏に加えて、司会進行にゲームライターの池谷勇人氏、DSiウェア版『洞窟物語』の国内でのパブリッシャーとなるアスタリズムの仲村尚史氏、『洞窟物語』同様、パソコン用フリーゲームからWiiウェアに移植を果たした『LA-MULANA』を開発したNIGOROの楢村匠氏が登壇。『洞窟物語』の歩みを振り返る第1部“洞窟物語のコレマデ”からイベントがスタートします。

コンシューマー版は海外から

移植版の数々

パソコン版は『ベクター』で22万ダウンロードされているという『洞窟物語』。来場者はもちろんほぼ全員がプレイしたことがあり、クリアした人も7割ほどと、コアなファンが集まりました。海外へ展開した経緯について天谷氏は、最初はテキストの英語化に着手したものの挫折していたところ、パッチで英語化するグループが現れ、海外へ広がったとその経緯を披露。コンシューマー機への移植は、海外でパブリッシャーとなるNICALiSとの出会いがきっかけとなります。

最初NICALiSは、『洞窟物語』を携帯電話のアプリに移植したいとメールがあったとのこと。メールには『イー・アル・カンフー』を移植したことがあると書いていたそうですが、「ケータイでは無理だろう」(天谷氏)と思ったそうです。その後、移植するプラットフォームは携帯電話からゲームボーイアドバンスに変更し、それでも無理だったのでDSかWiiでという話になり、結局それが実現することになります。

国内発売の重大発表

重大発表 会場は大拍手

「そろそろ国内展開は?」という池谷氏の質問に、「重大発表」としてビデオが上映されます。映像には、DSを手にゲームをプレイする主人公。ゲーム画面が挿入され、最後に「洞窟物語 DSiWare 1000DSiポイント Coming Soon!」の文字が。サプライズ発表に会場から大きな拍手が巻き起こります。

3種類の難易度 ジュークボックスモード

ステージ上では実際にDSでプレイしながら、DSiウェア版が紹介されました。キャラクターとの会話やマップが下画面に表示される2画面仕様になっているほか、3段階の難易度選択、ゲーム中に再生されたBGMを聴けるジュークボックスモード、シークレットモードなど独自仕様を追加しています。イージーモードはパソコン版をクリアできなかった人でもクリアできそうな一方、体力の初期値が少ないハードモードは天谷氏でもクリアできないのだとか。腕に覚えがあるゲーマーはハードモードクリアに挑戦してみては。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。