ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy Note 7の生産を終了か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が交換済み Galaxy Note 7 でも世界中で発火する現象が起きていることを受けて、この機種の生産を終了する計画だと Bloomberg が伝えました。今回の報道は公式発表ではありませんが、同サイトによれば、Galaxy Note 7 の再販は行われず、このまま販売終了となります。Galaxy Note 7 については、先週の米サウスウエスト航空における発煙事故に代表される交換済みの端末でも発火する現象を受けて、Samsung は先週末に「調査を実施している」との声明を発表しました。この時点で第二のリコールが実施されるのでは?との憶測も流れていました。今週になって、米国の AT&T と T-Mobile が Galaxy Note 7 の販売と交換品の引き渡しを停止すると発表し、同日にはベトナムなど工場で生産を一時停止したとの噂も伝えられました。そして本日は、Samsung がグローバルでパートナーに販売と交換品の引き渡しを行わないよう要請したことを発表。韓国では、行政機関が同国での販売・交換・使用を禁止する勧告を発表しました。これを受けて Samsung は韓国で 13 日から別機種への交換と返金を実施することを発表しています。こういった流れの先には、原因を究明・修正して再度販売するか、販売を終了するかのどちらかだと思います。発火事故が報告されるようになってからこれまでの対応は非常に迅速で誠意のあるものでした。気になるのは販売終了の決定理由です。当初はバッテリー個体の問題だとされていましたが、交換品でも交換前と同じ現象の事故が多数報告されており、バッテリー以外の部品にも欠陥があったのでは?と疑われています。もし別の欠陥があたとして、それを公表するのかしないのかが注目されるところです。Source : Bloomberg

■関連記事
Samsung、韓国でGalaxy Note 7の別機種との交換・返金を実施、新たに基盤の欠陥疑惑も浮上
Qualcomm、QC3.0よりも75%高速に充電できる「Quick Charge 4.0」を10月17日に発表か?
肥後銀行、公式Androidアプリをリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。