体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】アキバでナンバーワンと呼ばれるカツ丼を食べてみた @『やまいち』

yamaichi008_r

ガジェット通信がお送りする“ガジェ通秋葉原制覇”ですが、そろそろ秋葉原は食べ尽くした感が無きにしも非ずで御座います。

と、思っていても道を歩いていると思わぬ店を発見したりするので、秋葉原周辺は奥が深いですね。

そんな感じで成長し続け、ついに秋葉原で“カツ丼の鬼”と化した筆者(YELLOW)が、初めて訪れる『やまいち』のレポートをお送りしましょう。

秋葉原のカツ丼キングはどの店か?

marugo025_r

秋葉原で豚カツと言えば、伝説となった『冨貴』もベターですが、やはり個人的には『丸五』こそ至高かと存じます。(写真は丸五のロースカツ)

では、カツ丼はどの店が一番なのでしょうか?

ラーメンなどは個人の嗜好が大きく左右するので、どれが一番かは決めかねるのですが、カツ丼の場合は“豚カツ&卵&御飯”みたいな様式美があるので、決められない事もありません。

筆者の場合、秋葉原であれば『赤城』『ふくよし』『い志山』の三強は不動であり、気分によって食べ分けています。

しかし!

秋葉原周辺には、この三強を脅かすモンスター『勝漫』と『やまいち』がある事を忘れてはなりません。

『かつ丼』が1700円だ……と?

yamaichi005_r

というわけで、筆者的には要チェックかな~とは思っていたのですが、いかんせん『かつ丼』が1700円とか無理ゲーなので避けていた次第です。

yamaichi004_r

だが、しかし!

あまり同じ店ばかり紹介しても怒られるので、ここは『やまいち』に突撃してみた次第です。

1700円の『かつ丼』を食す!

yamaichi009_r

整いました。

ぱっと見た感じは、どこら辺が1700円なのか分からない予感ですが、とにかくロースカツが分厚いです。

しかも、凄く柔らかいってのがポイントですね。

yamaichi012_r

この厚さでも簡単に噛み切れるとか、なかなか良い仕事をしていると思います。

ちなみに他店の2倍近い厚さでしょうか?

あの『丸五』の豚カツに迫る分厚いロースカツは、まさに秋葉原の頂点を脅かすポテンシャルがあると思います。

すべてのバランスが高次元な『やまいち』

yamaichi013_r
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy