ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポケットにすっぽり!Windows10搭載の万能ミニPC「Ockel Sirius A」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「大きいことはいいことだ」というキャッチフレーズのCMが、かつて存在した。

だがそれは、50年前の話である。現代では「小さいことはいいことだ」が合言葉になっているようで、現に様々な製品がサイズダウンしている。

あらゆるものがポケットに入れば、それに越したことはない。

タブレットとミニPCの交配種

オランダの企業が『Indiegogo』で発表した製品は、まさに「小さいことはいいことだ」と叫んでいるようだ。

『Ockel Sirius A』は、言わばミニPCとタブレットの交配種である。長方錐という珍しいデザインの中に6インチ液晶、USBポート、LANケーブルポートなどが組み込まれている。ちなみにUSBタイプCに対応可能だ。

OSはWindows10。これをタブレットとして使うこともできるし、ディスプレイに接続して大きな画面で操作しても構わない。この小さなボディーの中にカメラも搭載されているから、ビデオ通話などにもOckel Sirius Aは実力を発揮する。

只今格安販売中

この製品は、先述のようにIndiegogoで出資を集めている最中である。期限残り32日の時点で、すでに目標額の144%もの資金を調達してしまった。

市場販売価格は699ドル(約7万2000円)を予定しているが、現在は29%のディスカウント販売枠が用意されている。499ドル(約5万1000円)で購入できるということだが、その枠は日に日に埋まっているので注意が必要だ。

こうしたエレガントなミニPCは、これからも続々登場するだろう。

Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP