ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Moto Z」ではMicro SDカードの本体メモリ化が可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola の 2016 年フラッグシップ「Moto Z」が Micro SD カードの本体メモリ化に対応していることを実機で確認しました。内蔵ストレージの本体メモリ化は Android 6.0 Marshmallow で導入された標準機能で、接続した Micro SD カードと内臓ストレージの領域を仮想的に統合します。これにより、アプリや画像・動画が優先的に Micro SD カードへと保存されるようになり、内蔵ストレージの消費を抑制できます。本体メモリ化機能は、多くの端末では最初から無効化されている中、Moto Z ではそのまま生きていたということです。Moto Z で Micro SD カードを本体メモリ化するには、メモリカードのフォーマットメニューで「内蔵ストレージとして使用を選択してフォーマットを実行します。(参考)Moto Z 開封の儀

■関連記事
OPPO、カメラを強化した「OPPO R9s」を10月19日に発表へ
Google、USB-PDに対応したスマートフォン向け18W Type-C充電器を新発売
Google Pixel / Pixel XLが豪キャリアのWEBサイトでiPhoneからセンターのポジションを奪取

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP