体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

68~83歳が7人で暮らす、グループリビングという暮らし方

68~83歳が7人で暮らす、グループリビングという暮らし方

まだ介護が必要ではないシニアにとって、最期まで施設などのお世話にならずに暮らせるかどうかは不安なもの。そんな不安を抱えるシニア自身が立ち上げ運営する[グループリビング]という住まい方が、少しずつ形になってきている。

自立したシニアの共同生活[グループリビング]

今回は昨年、2015年11月にオープンした『おでんせ中の島』(神奈川県川崎市)へ伺い、その運営や暮らしぶりを見学させていただいた。

【画像1】グループリビング「おでんせ中の島」は、奥の建物。同じ敷地に建てた白い外観は子育てNPO「ままとんきっず」(写真撮影/片山貴博)

【画像1】グループリビング「おでんせ中の島」は、奥の建物。同じ敷地に建てた白い外観は子育てNPO「ままとんきっず」(写真撮影/片山貴博)

【画像2】“おでんせ”は岩手県盛岡地方の方言で「おいでください」という意味。個別部屋用のインターホン&郵便受けが並ぶ玄関(写真撮影/片山貴博)

【画像2】“おでんせ”は岩手県盛岡地方の方言で「おいでください」という意味。個別部屋用のインターホン&郵便受けが並ぶ玄関(写真撮影/片山貴博)

【画像3】L字形の敷地に、廊下でつながる10室の木造2階建て。各部屋の独立性が高く採光も十分、ゆとりある贅沢な配置はオーナーのこだわりが見える(写真撮影/片山貴博)

【画像3】L字形の敷地に、廊下でつながる10室の木造2階建て。各部屋の独立性が高く採光も十分、ゆとりある贅沢な配置はオーナーのこだわりが見える(写真撮影/片山貴博)

この「おでんせ中の島」を始めたオーナー兼、運営者・住人である藤井康雄さんに、まずは設立に至った経緯を伺った。

「産院を次世代へ引き継いで、何か社会貢献にでもなることができないかと考えていたところ、知人からグループリビングというものを紹介されて『やってみよう!』となった」と、藤井さん。

行きずり話と笑って話してくれたが、今まで独り暮らしでうつになったり不安になっている高齢者たちを見てきて、「断る理由もなかった」とグループリビングの事業運営に踏み切ったようだ。

【画像4】脱サラ後、ご夫婦で産院を経営されていたが70歳ごろから「生涯現役でできる事を考え始めた」と。ご自身は劇団員としても活躍中の73歳!(写真撮影/片山貴博)
1 2 3 4 5次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会