ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

発売から31年目の奇跡 「スーパーマリオ」の最短クリア記録がまたまた更新

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


1985年に発売されたファミコンの『スーパーマリオブラザーズ』。このクラシックゲームの最短時間クリアに挑戦する“スピードラン”で新記録が誕生した。

新たな記録を打ち立てたのは、もう何年も前からひたすら本作のスピードランに挑戦し続けている“darbian”氏。今回ついに不可能と思われていた4分57秒の壁を破り、4分56秒878でのクリアに成功した。

【動画】(4:56.878) Super Mario Bros. any% speedrun *World Record*(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=j8CHsUFsi1A

エミュレータなどではなくオリジナルのファミコンとロムカセットでプレイしている様子を『twitch』で配信中に、記録更新に成功。半年前に自身で更新した当時の世界記録4分57秒260をさらに短縮した。画面中のタイムは“darbian”氏本人が手動でスタート・ストップしているため、後で遅れたフレーム分を差し引いて正確なタイム(4分56秒878)を算出しているとのこと。同時に心拍数も計測しているのが面白い試み。クリア直後には興奮しすぎて160以上まで跳ね上がっている。






常に全速力で走っているのかと思いきや、ところどころで立ち止まったりするなど、彼なりの“最適解”が随所に見られる。突き詰めればさらにちょっとだけ短縮できそうな気も?

画像とソース:『YouTube』より引用

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP