体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新生『オレオ』、中国製になっていったい何が変わったのか、旧・日本製「オレオ」と食べ比べ比較検証!

cr7_6031

8月末をもってヤマザキナビスコがナビスコブランドから撤退。モンデリーズジャパンが引き継いだ『オレオ』。同じくナビスコブランドの「リッツ」、「プレミアム」は新生ヤマザキビスケットから「ルヴァン」として後継商品が現れたが、「オレオ」は例外。選択の余地がなく中国製となった『オレオ』、その味わいを比較する。

中国製になったからといって品質が必ずしも下がるわけではないというポジティブな気持ちで実食!

何という冷遇。ヤマザキナビスコがナビスコ・ブランドを必要としなくなり、社名をヤマザキビスケットに変更してまで「ルヴァン」を世に出したのは自身の賜物だろうから、頷ける。オンザ・リッツの「リッツ」も朝食需要にもなるソーダクラッカーの「プレミアム」も、同じ「ルヴァン」のいちシリーズとなってしまったが、しっかり後継製品が発表された。

ナビスコ『リッツ』が新しくなったけど、後継は『ルヴァン』で間違いないのか、あらためて検証!

ナビスコの定番クラッカー『プレミアム』が新生! 後継は『ルヴァンクラシカル』なのか? トリプル検証!

なのに『オレオ』はヤマザキビスケットからの後継製品はなし。今までだと、「リッツ」の後は新生「リッツ」かな、「ルヴァン」かななどという楽しい選択の余地があったのだが、『オレオ』に関しては新生『オレオ』に移行するしかない。もはや食べるか、食べないかしかユーザーは選べないのだ。

cr7_6051
なのでこの試食は非常に緊張する。新生『オレオ』がダメなら、他に選ぶ余地がなく、これまでのオレオライフは近々永遠に失われることになるからだ。

 

まず検証するために『オレオ』の基本をおさらいしよう。『オレオ』はタイタニック号が沈没した1912年に誕生し、世界100カ国以上で愛される世界一のビスケットブランド。黒いココアクッキーにバニラクリームを挟み込んでいるクリームサンドクッキー。黒白黒の組み合わせが世界中で様々なジョークのもとにされるほど、目に馴染んだユニバーサルデザイン。

 

食べ方は普通にかじってもいいのだが、ポピュラーなのはクッキー部分を外して、外した方でクリームをすくいとり(またはクリームを舐め)、牛乳に浸して食べるという独特の食べ方が人気。パッケージでヤマザキナビスコはTwist-ツイスト(ひねる)、Scoop-スクープ(すくう)、Dunk-ダンク(牛乳に浸す)とすくいとる形式を推奨していたが、モンデリーズ・ジャパンはツイスト、Lick-リック(舐める)、ダンクと舐める形式を推奨、微妙な自己主張の違いが楽しい。

 

それではいい加減前置きはやめて、実際に食べてみることにしよう。今回は各サイズやバリエーションもあるが、一番基本的な9枚×2パックの『オレオバニラクリーム』で検証した。

販売終了したヤマザキ・ナビスコの『オレオ』(日本製)

cr7_6043
(9枚×2パック・実勢価格 税込238円)
原材料:砂糖、小麦粉、植物油脂、乳糖、ココアパウダー、ぶどう糖果糖液糖、コーンフラワー、カカオマス、ホエイパウダー(乳製品)、食塩、膨脹剤、乳化剤(大豆由来)、香料

cr7_6045
以前は箱入りだったと思うが、入手したヤマザキ・ナビスコ『オレオ』は袋入りだった。9枚×2パックの袋を開けると鮮やかな黒色に名前とともにややこしいレリーフ模様。そのまま食べるとザクザクとした食感で、中のバニラクリームが甘さ控えめに調和してくる安定の味わい。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。