ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

超ゴージャス! 人気フィルムカメラ『ロモグラフィー』にゴールドエディションが登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ロモグラフィー ゴールドエディション

不況が続くなか、せっかくのパーティシーズンは気分だけでもゴージャスになりたい! という人にピッタリなキラキラカメラが登場しました。ロモジャパンは、『ロモグラフィー』の既存の人気機種の新色としてゴールドエディション3種類を発売します。

不安定な世界経済を心配する人たちが安定資産としてゴールド(金)に注目しているそうですね。でも、一般庶民には「金の延べ棒を購入しておく」なんてはっきり言って非現実的。とはいえ、気分まで不景気になっては、これから年末にかけてのパーティシーズンを楽しめません。キラキラアイテムでテンションを上げたい人におススメなのが『ロモグラフィー』が新たに発売したゴールドエディションです。

ロモグラフィー『Fisheye2 Gold Edition』撮影写真

ゴールドエディションのラインナップは3種類。手のひらサイズで35mmフィルムを使用し、簡単にソフトフォーカスでドリーミーな写真が撮れる『Diana Mini Gold』。不足のフラッシュで室内撮影にも対応しています。『Diana F+ Gold Edition』は、60年代デザインのレトロな見た目がファッショナブルなモデル。『Fisheye No.2 Gold Edition』は、魚眼レンズで手軽にユニークな写真を楽しめるので、ゴールドエディションを“2台目”に入手するのもアリですね。

ロモグラフィー『Diana +F』撮影写真

いずれのモデルも、本体はもちろんストラップ部分もゴールドチェーン。ドレスアップしたときに身につけてもぐっと引き立ちそうです。ロモ独特の味わいあるフィルム写真で楽しい冬の記憶を撮影してみてはいかがでしょうか? カメラが好きな人へのプレゼントにも喜ばれると思いますよ。価格は、『Diana F+ Gold Edition』1万1500円、『Diana Mini Gold』1万2800円、『Fisheye2 Gold Edition』9800円(いずれも税込み)。

※カメラはプラスチック製で純金などは使用していません。念のため。
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。