ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

D.C.パンクシーンに迫る映画『サラダデイズ -SALAD DAYS-』デビュー前デイヴ・グロールのライブ含む特別映像公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アメリカの首都・ワシントンD.C.における、初期のDIYパンクシーンに迫ったドキュメンタリー映画『サラダデイズ -SALAD DAYS-』。2016年10月1日の公開に先駆け、ニルヴァーナでデビューする前に行われたデイヴ・グロールのライブ映像を含む特別映像が解禁された(https://youtu.be/PHw8WEh5e4c)。

『サラダデイズ -SALAD DAYS-』映像カット

 イアン・マッケイ率いるマイナー・スレットやフガジ、バッド・ブレインズ、デイヴ・グロールも在籍していたスクリーム、ガヴァメント・イシュー、ヴォイドといった、日本でも人気の高い数々のパンク・バンドを輩出したこの地の“80年代”に焦点をあてた本作。当時の熱きDIYパンクシーンと、そのバンドたちの音楽やスピリットが、いかに後世の音楽シーンに至るまでに強力な影響力を持つことになったのかを突き詰めた内容になっている。

 監督は12歳からD.C.パンクシーンに親しみ、ハードコア・ファンジン『メトロジン』を立ち上げたミュージシャン兼音楽評論家のスコット・クロフォード。彼とともに製作総指揮に加わったのは、写真家としてこのシーンの第一人者であるジム・サー。彼らだからこそ撮れた本邦初公開となる写真やアーカイブ映像、当事者たちのインタビューは必見だ。

◎映画『サラダデイズ -SALAD DAYS-』
2016年10月1日(土)新宿K’s cinemaほか全国順次公開
(C)2014 New Rose Films, LLC
アメリカ/2015/108分/16:9/英語/モノクロ・カラー/ドキュメンタリー/原題:Salad Days
監督:スコット・クロフォード
撮影監督・編集:ジム・サー
製作総指揮:スコット・クロフォード/ジム・サー
出演:デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)、イアン・マッケイ (マイナー・スレット、フガジ)、J・マスシス(ダイナソーJr.)、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、ヘンリー・ロリンズ(ブラッグ・フラッグ)、バッド・ブレインズ ほか
配給:キュリオスコープ

関連記事リンク(外部サイト)

ニルヴァーナ「スメルズ・ライク~」25周年、誕生秘話を振り返る
コートニー・ラブがカート・コバーンのギター返却を娘の元夫に求める
ニルヴァーナの未発表曲発掘! 1993年のスタジオ・セッションより

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP