体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「物の怪のせいで出産が遅れた」って、そんな訳あるか!DNA鑑定がいらないほどソックリな我が子誕生

genji-15a

赤ちゃんが生まれるというのは、頭で理解していてもなんとも不思議なものです。生まれてきた以上、お腹の中には戻せないし、ひとりの人間としての人生が始まっていくんですから。源氏と藤壺の宮(以下、宮)の間にできた罪の子も、いよいよ誕生の時を迎えていました。

「物の怪のせいで出産遅れ」疑問の中、皇子誕生

宮の出産予定は12月中。そのため秋には里帰りしたのに、年が明けても産気づく様子がありません。1月にはきっと生まれるだろう、と誰もが思っていましたが、ついに2月に突入。

「物の怪のせいで出産が遅れているらしい」。世間はそう噂します。そもそも妊娠の起算日がズレているので当然なのですが……。いくら平安時代でも、妊娠期間の計算方法くらい分かるはず。そういうことを指摘する人もいたでしょう。なんとも苦しい話です。

気に病んだ宮は「もういっそお産で死にたい」と思いつめ、心身ともに衰弱します。

源氏は源氏で、出産の遅れからやっぱり自分の子だと確信し、お寺で密かに安産祈願。その甲斐あってか、ついに2月中旬、皇子が誕生しました。表向きには桐壺帝の第十皇子、源氏の弟宮になります。

帝は「皇子の顔が見たい、早く宮中に」と催促しますが、宮は「生まれたてで見苦しいので」と断っています。生まれた皇子は、驚くほど源氏にソックリ。DNA鑑定などしなくても、誰の子だか一発で分かりそうです。

「あまりにも似ている。出産の遅れからも、世間が嗅ぎつけて秘密が露見するのでは」。良心の呵責にさいなまれ、宮の悩みはつきません。

それでも、母になった彼女は少し変わりました。産前は死にたいと思っていましたが、あの弘徽殿女御が呪っているという話を聞いて「呪われて死んだとなれば、それこそみじめな笑いものだわ」。気を取り直し、少しずつ快方に向かいます。

源氏も命婦を捕まえては「皇子にも宮にも直接会いたい」と泣き落し。宮は妊娠後から非常にガードを固くしていましたが、「あまりしつこく来られると人目につく」と警戒し、命婦を側仕えから外します。源氏も、命婦を宮を恨めしく思いますが、バレたら大変なのはお互い様!

源氏の行動はあまりにも一方的で、身の破滅を招きかねません。本当に彼女と子供のことを思うなら、もっと冷静な行動をして欲しいところ。しかし、源氏物語に出てくる男性は、だいたい一方的な人ばっかりなのが残念です。

「言葉に出来ない」我が子と呼べない息子との、緊張の対面

出産から2ヶ月ほどして、宮は皇子を連れて宮中に戻りました。発育の良い赤ちゃんです。最高の身分の母を持ち、源氏によく似た美しい皇子。帝はこの上なく可愛がります。

帝は、母の身分が低いために臣籍降下した源氏のことを、今も後悔しています。それを見ても、宮は胸の痛みが止まりません。ごめんなさい、源氏の子です。

源氏が宮中にいる時、帝は皇子を抱いてニコニコして「みてごらん。お前にソックリだ。私はたくさん子どもがいるが、こんなに小さい時から見たのはお前だけだ。だから余計似ていると思うのかな」。宮は陰で見ながら冷や汗びっしょりです。

源氏は顔色が変わる思いで、我が子と我が父を見つめます。確かに自分によく似ています。恐ろしくも、もったいなくも、嬉しくも、哀しくも…。言葉に出来ない思いがこみ上げ、もう泣きそう。

♪らーらーらー ららーらー ことーばに できな~い。激しく動揺した源氏は早々に自宅の二条院に帰り、宮へ手紙を書きました。

「皇子様として拝見しましたが、本当は自分の子だと思うと涙が出ます」「あなたの子だと思うにつけても、複雑な思いにかられています」。このやり取りで、宮は源氏の子であることを認めます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。