ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アドラーよりも実践的かつシンプル フランス流「誰もが幸せになる方法」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
アドラーよりも実践的かつシンプル フランス流「誰もが幸せになる方法」

今、「アドラー心理学」がブームとなり、自分らしく幸せな人生を生きようとする人たちが増えています。

アドラー心理学の特徴は、「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、原因論を根底から覆します。

その最大の特徴はトラウマを否定すること。アドラー心理学では、人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、いまの「目的」に沿って生きている、と説きます。

また、人は変われないのではなく、ただ「変わらない」という決心を下しているに過ぎず、いま幸せを実感できない人に足りないのは、能力でも、お金でも、恵まれた環境でもなく、変わること(幸せになること)に伴う「勇気」であると主張します。

アドラー心理学の知恵を素直に受け入れて実践すると、確かに問題を解消できる人はいますし、夢の実現に向けて、実力がつく人もいます。しかし、その一方、かえって自分が傷ついてしまう人や、人間関係を悪化させてしまう人も少なくありません。

ある意味、アドラー心理学は「劇薬」といえます。だから、強くて固い意志がない人以外には、本来であればお勧めできないのです。

■フランスではアランの『幸福論』のほうが一般的

例えば、フランスでは、アドラー心理学よりむしろ、こちらの方法が一般的です。

それが、アランの『幸福論』。アドラー心理学よりも、より実践的かつシンプルなやり方で幸せになる方法です。自分を不幸にすることなく、暗く沈んだ気持ちを打ち砕き、明るく前向きに、幸せを感じられるようになります。

こんな言葉があります。

(1)あなたが悲しみに浸っているなら

病気だと思って、通り過ぎるのを待ちなさい

悲しみはどうすることもできない感情です。しかも、それにとらわれていると、まわりに伝染して悲しい気持ちにさせてしまう上に、自分自身も悲しみの感情にとらわれ、気持ちを切り替えることができなくなってしまいます。ですから、アランは、

「悲しみに浸ってはいけません。悲しみは病気だと思えば、すぐに抜け出せます。」

と説くのです。

悲しみの理由や理屈をあれこれと考えず、病気として我慢する。

気分や気持ちをメンタルなこととして考えると、ますますツラくなります。胃が痛ければムシャクシャするし、お腹がすくと不機嫌になり、肩がこれば頭痛がしてイライラするでしょう。

気分はもともと身体の状態から生まれてくるものですから、悲しみという気分も、その原因となっている身体の中に押し戻してしまえばいいのです。悲しんでいても何も始まりませんし、悪化するだけ。シンプルかつ最も合理的な方法で対応しましょう。

(2)悩み事が頭を離れないのなら

とりあえず、身体を動かしなさい

心の状態は体調によって左右されます。ですから、アランは、

「身体を少し動かすだけで気分や感情はコントロールできます。」

と断言します。

例えば、もやもやしているとき、公園に行ってランニングをしてみる。すると、頭がスッキリしてきます。ムカムカしているときにスキップをすると、怒りも悲しみも消えてしまいます。

身体を動かすと、不幸を生み出す想像力、ある意味妄想を止めることができるのです。

(3)自分は不幸だという考えが頭から離れないのなら、

無理やりにでも笑顔を作ってみなさい

アランの名言の中で特に有名なのが、

「幸福だから笑うのではない。 笑うから幸福なのだ。」

という言葉です。

これには、幸福だから笑顔になるのではなく、笑顔でいるから幸福になるのだ、ということが端的に説明されています。だから、

「不幸を感じるときほど、意志の力で唇に微笑みをのせてみなさい。」

とアランは説きます。

笑顔になれば、人間関係が良好になります。さらに、ものごとが楽観的に捉えられるようになります。自分で自分の幸福を作ろうという気持ちになるので、幸福をどんどん引き寄せられるのです。

     ◆

アランの教えは誰でもすぐに行動に移せるものばかりです。行動すれば、気持ちが変わり、状況もまわりも変化していきます。

アランは、自分は不幸の星の元に生まれてしまったのではないかと悲しみ、絶望の淵に立たされてしまっているような人にも、ただほんの少し見方を変えてみれば、不幸を抜け出し、「幸せ」になれると教えてくれるのです。

早速、自分でもアランの教えを実行したい!という人は、『世界一の「幸福論」が教えてくれた明日がもっと幸せになる方法』(アスコム刊)のような入門書を読んでみてください。

他にもたくさんあるアランの言葉が、実生活での応用の仕方を含めて、わかりやすく紹介されています。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

Facebookの「いいね!」を生んだアイデア創出法が日本で進化を遂げる

稼げない男は「健康よりも仕事」と考える 【矢島雅弘の「本が好きっ!」】

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。