ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】普通じゃ物足りない人に!スマートバッグの風雲児「BACKPAIX」の魅力に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

単なる道具に留まらない、さまざまな機能を持ったスマートバッグが、ここのところにわかに注目を集めている。海外のクラウドファンディングにも、多彩なプロダクトが登場。未来ユースのアイテムとして、その地位を確立しつつある。

「BACKPAIX」もまた、クラウドファンディングから人気に火が点いた製品だ。Kickstarterでの成功を経て、Makuakeでの資金調達を開始。日本発売への第1歩を、踏み出したばかりだ。

提供元はアメリカ生まれのスタートアップ、PAIX Inc.。代表取締役の張 明修(Max Chang/マックス・チャン)氏が、取材に応じてくれた。

・“普通じゃ物足りない人”へ贈る機能性スマートバックパック

Q1:「BACKPAIX」開発のきっかけについて、日本発売に至るまでの経緯と併せて、お聞かせください。

2016年3月にアメリカ法人PAIX Inc.&台湾法人明日逸品股份有限公司を設立。代表取締役である私は、ハイテック産業で12年間、製品開発者として働きました。弊社はテクノロジー&生活にリンクした、スマートバックパック/バッグの開発に力を入れています。

(「BACKPAIX」開発のきっかけは)PAIXチームと、アメリカの有名設計事務所・Deviant 9が共同で、テクノロジーとリンクしたスマート製品でスマートライフを始めたいと考えたためです。7月には、Kickstarterで約2500万円を集めています。中でも日本からのサポーターは大勢いたので、日本市場には、とても期待しています。

Q2:「BACKPAIX」とは、どんな製品なのでしょうか。

「BACKPAIX」は、普通の製品に物足りなさを感じている人たちのために生まれた、機能性スマートバックパックです。充電ポート、シューズポケット、防水などの機能に加え、専用アプリで操作ができるスマートバッジシステムを搭載しています。自転車のウインカーにしたり、絵文字を描いたり、紛失防止アラームなどの機能で、人の行動をスマートにサポートします。

バックパックのサイドにはUSBケーブルポケットもあり、移動しながら充電することも可能です。素材には、ペットボトル回収繊維・Cyclepet(R)を採用しています。 一般的なバックパックと比べて、汚水排出を20%、排ガスを60%減少し、環境のために50%のエネルギーを節約しています。

・工場探しにひと苦労

Q3:開発にあたって最も苦労したのは、どんなところでしょうか。

お客さまを安心させるために、製品の品質管理を重視する弊社では、工場探しに大変な労力をかけております。

初期発注の数量が少ないベンチャー企業にとって、小ロット受注に対応する工場を見つけるのは至難の技です。また、限られた資金で適切な人材を見つけることにも、苦労しております。

Q4:9月12日から、Makuakeでのクラウドファンディングが始まります。資金調達後は、どのような展開をする予定でしょうか。

資金調達は、10月28日に終了します。現在は、「BACKPAIX」の量産化を行っており、年末までに発送する予定です。併せて、中国語/日本語/英語のショッピングサイトを製作中で、消費者に便利なショッピング体験を提供したいと思います。

将来的には、テクノロジー&生活にリンクしたスマートバックパック/バッグを開発するつもりです。また、日本現地の提携パートナーや代理店を探して、日本市場に進出したいと思っています。

Makuakeでは、開始早々順調な滑り出しを見せている。日本国内におけるスマートバッグ普及の足がかりとなるか、今後の展開に期待したい。(取材・文 乾 雅美)

BACKPAIX/Makuake

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP