ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Sony Ericssonが『Xperia』2011年モデルの今後のバージョンアップ計画を発表、グローバルモデルは全機種Android 4.0にバージョンアップ予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sony Ericssonが『Xperia』2011年モデルのバージョンアップ計画について同社のブログで情報を公開しました。記事によると、同社は“2011年Xperiaポートフォリオ”全機種をAndroid 4.0にバージョンアップする予定で、現在はAndroid 4.0の新機能と同社独自機能の統合に取り組んでいるそうです。提供時期などバージョンアップに関する詳細はしかるべき時期に同社のブログで公開するとのことで、具体的なバージョンアップ時期などは明らかにされていません。

その“2011年Xperiaポートフォリオ”は、『Xperia arc/arc S』、『Xperia PLAY』、『Xperia neo/neo V』、『Xperia mini/mini pro』、『Xperia pro』、『Xperia active』、『Xperia ray』、『Live with Walkman』を指すそうです。グローバルモデルは全機種バージョンアップされる予定であることが分かります。国内独自モデルの『acro』はリストに含まれていませんが、『SO-01C』や『SO-03C』と同時期に機能アップされたことを考えると、『SO-02C』や『IS11S』もバージョンアップされるのではないかと思います。
Source : Sony Ericsson


(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、ZTE製「Libero 003Z」向けソフトフェアアップデートを開始、緊急地震速報に対応
米Verizon、Beats Audio対応のLTEスマートフォン「HTC Rezound」を発売
Adobe、Photoshop Touchなど”Adobe Touch Apps”のAndroid向けアプリ6製品を発売

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。