ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナボナだけではない!亀屋万年堂の日曜日限定販売の和菓子が絶品すぎる!毎月チェックしに行くべし!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

1938年創業の老舗和菓子屋さん、亀屋万年堂をご存知でしょうか?

東京土産でも親しまれている亀屋万年堂の代表銘菓には『ナボナ』があるのは有名ですが、なんと日曜日だけ販売する絶品の和菓子があるのです!

日曜日に亀屋万年堂に訪問♪

店頭には、日曜日限定の和菓子の看板が大きく設置されていました。

店頭に入ると、一番目立つところに日曜日限定の和菓子が陳列されていました。

日曜日のみ販売する和菓子は、月毎に内容が変わり、今月の9月は「杵つき青じそ大福」です。

意外と存在を知られていなく、夕方に訪問してもまだたくさん商品がありました

店頭に並べた瞬間、売り切れるというものでもないようです。

購入して食べてみました。

北海道産の小豆のこしあんを粗づき生地で包んだ大福です。

さすが老舗和菓子屋さんだけあって、杵つき餅は密度が高く、弾力性があります。

こしあんには青じそが混ぜ込んであり、ずっしりとした甘いあんこでありながら、後味がすっきりとした味わいになっていて、青しそのさわやかな香りがクセになりそうですね。

買いだめしたいところですが、繊細な大福は賞味期限が翌日までと短めですので注意が必要です。

参考までに、8月は「ブルーベリーチーズ饅頭」でした。

8月は、とろりとした濃厚なクリームチーズの中にブルーベリーが入っているお饅頭だったのです。

お饅頭でありがなら、手に取ったら崩れそうなふわふわ生地の食感がたまらない、和と洋を織り交ぜた絶品のお饅頭でした。

見つけたのが、8月の最終週の日曜日だったのが悔やまれます。

二度と巡り会えないかもしれない、後ろ髪引かれる和菓子は日曜に限定にするだけあります!

亀屋万年堂はナボナのイメージが強かったのですが、他の和洋菓子も絶品です。

亀屋万年堂が長い間、愛される理由がわかりました。

9月の毎週日曜日限定販売の「杵つき青じそ大福」は、11日、18日、25日に販売します。

お見逃しのないよう、ぜひ絶品大福を食べてみてくださいね。

※写真全て筆者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: つくし家) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : グルメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。