ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつでもどこでも自撮り!自撮り棒に早変わりするスマホケース「StikBox」、間もなく一般発売?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自撮り棒を持ち歩くのは恥ずかしいけど、あったら便利かも−。そう考えている人にうってつけのスマホケースを今回は紹介しよう。

折りたたみ式の自撮り棒が背面に収納されている「StikBox」。使わない時はスマホケースとして持ち歩けるという便利グッズだ。

・最長72センチ

スマホとともに常に携帯できるというのが、最大の売り。コンパクトにたためるので、これだと棒状のものを持ち歩く煩わしさから解放される。

使うには、背面部分をスライドさせて伸ばすだけ。最長72センチになり、当然のことながら手に持っての撮影より美しく撮れる。

・スマホをしっかり固定

自撮り棒を使ったことのある人ならわかるかと思うが、使う際にスマホを挟んだりして固定するのは手間だったりする。

その点、StikBoxは自撮り棒とケースが一体化しているので、セッティングは手間いらず。加えて、スマホと自撮り棒はしっかり固定されるので、スマホの角度がずれたり回転したりといったこともない。

・出資者への発送始まる

StikBoxは、iPhoneとサムスンの端末で使える。クラウドファンディングサイトKickstarterで昨年末から今年にかけて出資を募り、資金調達に成功して商品化にこぎつけた。

このほど出資者への発送が始まり、一般発売は間もなくとみられる。自撮りを頻繁にするという人はサイトを要チェックだ。

StikBox

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP