ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【発売前レビュー】“謎肉”10倍の『カップヌードル』を入手 45周年を“謎肉”45倍で祝福してみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

好事家たちの間では「謎肉」「あの肉」「しょっぱい塊」などと呼ばれて親しまれている『カップヌードル』の具材。正式名称『味付豚ミンチ』

9月12日(月)より、その“謎肉”の量を10倍にした『カップヌードルビッグ“謎肉祭”肉盛りペッパーしょうゆ』が発売されると聞きつけ、ガジェット通信ではソッコーで現物を入手。さっそく実食してみたのでレポートをお届けする。

“謎肉”10倍に歓喜

人々が“謎肉”を抱え上げるという、狂気とフェスティバル感あふれるパッケージが目を引く『カップヌードルビッグ“謎肉祭”』。

裏面を見ると、「『カップヌードル』はおかげさまで45周年。感謝の気持ちを込めて、『カップヌードル』の人気具材“謎肉”を通常の10倍入れました!」と記されている。「感謝の気持ち」=“謎肉”という発想に困惑しながらも、“謎肉”の呼称がオフィシャルだったことに驚きを隠せない。

フタを開けると、明らかにボリュームアップした“謎肉”がゴロゴロ。思わず笑ってしまった。そして押し寄せる多幸感。

通常の『カップヌードルビッグ』と比べると、その違いは一目瞭然である。『“謎肉祭”』の方にはエビが入っていないのがやや残念か。

お湯を注いで3分。“謎肉”の“謎肉”感が増して、ますますその“謎”は深まるばかり。

ひと口食べれば、“謎肉”から染み出たと思われる旨みとペッパーの風味がガツンをきます。しなやかでコシとつるみのある麺にイヤでも“謎肉”がまとわりつき、もはや“肉”を食べているのか、“謎”を食べているのか分からなくなってくる。

“謎肉”を愛する謎ニッカーたちは、これを食べずに、今後“謎肉”を語ることはできないぞッ!

45倍で“謎肉”ワッショイしてみた

パッケージを見た瞬間から何か違和感がぬぐいきれなかった筆者。

「45周年記念なのに、なんで10倍なの? 45倍にしちゃえばイイじゃん」

というワケで作ってみました。

大橋巨泉よろしく「さらに4.5倍!」と、『カップヌードルビッグ“謎肉祭”』4.5個分の“謎肉”を堪能する贅沢っぷりを発揮。バチが当たりませんように!

具材の味の濃さも4.5倍なので別に人へオススメすることはないのだが、「感謝の気持ち」への「お返しの気持ち」は誰かへ伝わったに違いない。

現在もその原材料については謎のベールに包まれているが、何はともあれ、“謎肉”のウマさは永遠に続くと確信した2016年の晩夏だった。

日清食品『カップヌードル』紹介サイト:
https://www.nissin.com/jp/products/brands/cupnoodle/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP