体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「なんで手ぇ出しちゃったんだろ」どんな男も逃げ出す? 驚愕の姫君の容姿と極貧生活 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

genji-13a

おっとりのんびりした可愛い恋人が欲しかったのに、どうにも残念な感じの女性をゲットしてしまった…。でも相手の身分柄、関係を終わらせられない。かなり面倒くさい状況になった源氏をさらなるガッカリが襲います。

ガッカリその1「事務用の紙といかつい文字」

姫君との初めての夜のあと、がっかりしている源氏に、頭の中将が仕事の相談を持ってきました。そこから源氏は仕事モードに突入。姫君に手紙を送るのを忘れます。手紙くらいいじゃん、と思うなかれ。

この時代、正式なお付き合い(結婚)であれば”男は女のもとへ3日連続で通い、3日めにお餅を食べて家族にお披露目する(三日夜の餅・所顕)。男は女性の元から帰ったら手紙を出す(後朝の文)”というルールあり。

3日連続で通わなかった場合は、要するに遊びの関係。手紙は早ければ早いほど愛情がある証拠で、プラス評価になります。

源氏もそのことはよく知っているのですが、どうにも気乗りがしなくて、夕方遅くやっと手紙だけ出しました。手紙は遅いわ、1日で行かなくなるわ、さんざんです。

命婦はこんな目に遭った姫君を気の毒に思いますが、本人はまだ動転していて、手紙が遅くて無礼とかいうことに気が回りません。どうにも鈍感です。

せめて返事だけでもと和歌を考えますが、姫君は和歌を読むのがとても苦手。お返事用のテンプレ和歌をかけばいいのですが、それもできない。

あれだけ返事を出さなかったのも、駆け引きなどではなく、本当に出来なかっただけでした。時間が果てしなくかかりそうなので、仕方なく女房の侍従が代作し、姫君が写し書きします。

源氏は返事を見て「うわ~……」事務用の白い紙に、イカつい古風な字で、公文書みたいに上下をがっちり揃えて書いてあります。硬すぎ。

ラブレターなら薄いキレイな色紙に、サラサラっと走り書きしたようなのでいいのに…。ますます失望した源氏は手紙をその場にポイ捨て。あらら。更に、仕事と紫の君のお世話にかまけて、放置、放置が続きます。

ガッカリその2「古い・貧乏・汚い!衝撃の極貧生活」

放置続きの源氏に、命婦からクレームが。さすがに反省し「顔もまだよく見てないし、体に触れた時の違和感も謎だ。ちょっと見てみよう」と、ある雪の日に、思い立ってでかけました。

こっそり邸内を覗くと、モノは全て古くてボロボロ。姫君は几帳の奥にいるので見えませんが、女房たちは皆年寄りで、古臭い様式の変な服装をしている。おかしさに思わず笑いそうになりますが、その着物も汚くくたびれて寒そうです。

老女房たちは少ししか料理が載っていない、古びた器から食事しつつ愚痴。「こんなにひもじい思いをするなんて。ああ、寒い寒い」。そう言ってブルブル震えています。

(前々からボロいとは思ってたけど、夕顔が物の怪に取り憑かれたあの『なにがしの院』といい勝負だ……)衝撃の極貧生活。あそこは廃屋だったけど、ここは現役で人が住んでいる。それもやんごとない身分のお姫様が。

源氏はいたたまれなくなり、まるで今来たかのようにノックして中に入りました。夜半、吹雪がひどくなり、灯りも消えますが誰も持ってきません。その様子に夕顔を亡くしたあの夜を思い出します。

「普通、こういう時なら女の子を守りたいと思うのに、ちっともそう思えない」。でも、残念ながらこれが現実です。

ガッカリその3「全てに釘付け!」驚愕の姫君の容姿

明け方、庭には一面の雪。源氏は自分で格子を上げ「一緒に夜明けの空を眺めよう」。姫君も明るい方に出てきます。源氏は外を見ているふりをして、横目でちらっと姫君を見ました。

(背が高くてガリガリだ!肩骨が着物を突き破りそう。
何より鼻が長い!まるで象だ。
しかも鼻先が垂れて赤いなあ。顔全体も長くて、血色は悪い。
色あせた服の上に来ているのは、毛皮だ
若いお姫様の着るものとしてはとても変だが、これがないと寒いんだろうな……

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy