体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィットビットがリストバンド型活動量計の新製品2種を発表 50m防水対応の『Fitbit Flex 2』と心拍数利用のフィットネスを強化した『Fitbit Charge 2』

フィットビットがリストバンド型活動量計の新製品2種を発表 50m防水対応の『Fitbit Flex 2』と心拍数利用のフィットネスを強化した『Fitbit Charge 2』

フィットビット・ジャパンは8月30日、リストバンド型活動量計の新製品として、『Fitbit Flex 2』と『Fitbit Charge 2』を発表しました。

charge2flex2_2 charge2flex2_3

『Fitbit Flex 2』は、スイミングに対応する50m防水のリストバンド型活動量計。前モデルと比べて30%のスリム化を実現しています。

charge2flex2_4 charge2flex2_5

ウォーキング、ランニング、サイクリングなど運動内容を自動で認識する機能『SmartTrack』に対応。スイミング時にもラップタイムの計測ができます。1時間おきに250歩以上の運動を促す運動リマインダーにも対応しました。

charge2flex2_6

本体にリストバンド型のカバーを取り付ける構造で、バンドの交換が可能。

charge2flex2_7 charge2flex2_8

バングルやネックレスになるアクセサリー用パーツも販売し、ファッション性を重視しています。基本は4色で展開し、3色の交換バンドをセットにした『ピンクパック』と『スポーツパック』を別途販売。『Fitbit Flex 2』と交換バンド、アクセサリー用パーツは米国で10月に発売を予定。国内での発売日と価格は今後発表されます。

charge2flex2_9 charge2flex2_10

『Fitbit Charge 2』は、心拍数の計測を可能にしたリストバンド型活動量計『Charge HR』の後継となる製品。心拍数を利用したフィットネス機能を強化しています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。