ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

満島ひかり、村川絵梨、沢尻エリカ…あの人気女優もスタートはアイドルグループだった!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AKB48の卒業生である前田敦子さん、大島優子さん、秋元才加さんらが女優として活躍。主演作も数多く公開、放送されています。モーニング娘。の初期の主要メンバー・安倍なつみさんはミュージカルのジャンルにも進出。今やアイドルグループの人気メンバーの卒業後の進路として、“女優”は代表的な存在となっています。AKB48グループやハロプロ出身者以外にも、女優として成功しているアイドルグループ出身者は意外と多く、ここではそんな人気女優を紹介します。

永作博美は“冬の時代”1990年代前半のアイドルトップランナー

以前、このコーナーでもご紹介した通り、篠原涼子さんは1990年代前半に活躍した「東京パフォーマンスドール」(初代)のメンバーでした。1994年には小室哲哉さんのプロデュースによる『恋しさと せつなさと 心強さと』がダブルミリオンのヒットを記録したことはよく知られています。また仲間由紀恵さんも一時期、この東京パフォーマンスドールに在籍していました。

そして今や数多くの映画などに主演している永作博美さん。30代以上の人にはよく知られていますが、彼女は1990年代前半に活躍した3人組アイドルグループ・ribbonのメンバーでした。ribbonとして活動中の1994年、連続ドラマ『陽のあたる場所』(フジテレビ系)で本格女優デビュー。その後グループの活動が事実上終了してからは女優業に専念しています。

ribbonは、姉妹的存在のグループ・CoCoや、篠原さんの東京パフォーマンスドールらとともに、“アイドル冬の時代”と言われた1990年代前半のシーンを盛り上げました。

満島ひかりは三浦大知らとともにグループ活動

最近では主演ドラマ『トットてれび』が人気に、ドラマ『Woman』『モテキ』や多数の映画に出演し映画賞も多く受賞している満島ひかりさんは、「Folder」、その後「Folder5」のメンバーとして活躍していました。「Folder」は沖縄のスクールの少年少女たちで結成され、1997年にデビュー。メインボーカルは現在ソロアーティストとして活躍する三浦大知さんが務めていました。その7人のメンバー中から女の子メンバー5人で再デビューしたのが「Folder5」。2002年頃まで活動しました。満島さんの主演ドラマ『トットてれび』では、「Folder」時代の仲間・三浦さんと共演を果たしています。

沢尻エリカはデビュー当時に現AKB48小嶋陽菜と共演

24時間テレビ内のスペシャルドラマ『盲目のヨシノリ先生 ~光を失って心が見えた~』での感動的な熱演も記憶に新しい沢尻エリカさん。1999年に所属事務所のオーディションに合格し、その直後、当時の所属事務所の新人タレントたちが出演したバラエティ番組『Harajukuロンチャーズ』(BS朝日)に出演していました。そのメンバーの中には現在AKB48のメンバーとして活躍する小嶋陽菜さんの姿も。Harajukuロンチャーズは番組のテーマ曲を歌っていたものの、歌手活動をメインとするアイドルグループではなく、出演者の新人タレントたちの“総称”のような意味合いでした。

村川絵梨は朝ドラ時まで4人組グループのメンバーとして活躍

NHK連続テレビ小説『風のハルカ』(2006年)のヒロイン役でブレイクした村川絵梨さん。あれから10年、映画『花芯』では大胆な演技を披露し、大人の女優への変貌を見せた彼女は10代の頃、「BOY STYLE」という4人組グループで活動していました。村川さんはメンバーの中でも特にダンスの実力で定評がありました。当時から女優としても活動したいと語っていた彼女。朝ドラ出演時にはグループ活動も継続していましたが、2007年に解散後は女優としての活動に専念しています。

最近では、ジブリアニメの映画『思い出のマーニー』で主人公役の声優を務めた高月沙良さんは、「bump.y」のメンバーとして、女優の桜庭ななみさんらとともに活躍。2010年から2013年まで7枚のシングルをリリースしています。結成時すでに女優として人気だった桜庭さんをはじめ、全員が女優活動をしていて、“アクトレス・シンガー”をコンセプトにしていました。

現在のアイドルの中にも“未来の人気女優”が隠れているかも!?

今回紹介した人の大半はアイドルグループが活動のスタート。10代前半から活動している人が多く、若いうちから表現者としての感性や人前で表現するということを鍛えられているため、女優としても即戦力になるケースが多いようです。ribbonや篠原涼子さんはアイドル時代にコント番組にもレギュラー出演していましたが、コントを通して、振り切った芝居にチャレンジしたことも演技力の素になったかもしれません。

AKB48グループ出身者のように、アイドルグループ時代の活躍のインパクトが大きい人は、そのイメージを打ち破り、新たに女優としてのイメージを構築していくのに時間がかかりますが、アイドルとしての印象が強すぎなければその点での苦労はありません。

現在、アイドル戦国時代と言われ、さまざまなアイドルグループが活躍しています。AKB48などのようにテレビに多数出演するグループ以外に、どちらかといえばライブが中心のグループも多いですが、そんな中に未来の人気女優が隠れているかもしれません。SUPER☆GiRLS、東京女子流、アップアップガールズ(仮)など、現役メンバーが女優活動を開始しているグループもあります。またハロー!プロジェクトではメンバーを中心にしたミュージカルも積極的に上演しています。そんな中から未来の人気女優を捜すのも楽しみですね。

文/田中裕幸

関連記事リンク(外部サイト)

綾瀬はるか、竹内結子から、波瑠、高畑充希まで…「実は歌手デビューしていた」人気女優
ハロプロ、ベビメタ、東京女子流、TPD…パフォーマンス力で勝負するグループが次々続々
メンバー脱退を乗り越え突き抜ける!脱力支援アイドル「ゆるめるモ!」が迎えた大きな変化

カテゴリー : エンタメ タグ :
日本タレント名鑑の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP