体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やたらバリエーション豊富な現行BMW 3シリーズ、結局どれを買えばいいのか真剣に考えてみた

▲微妙なデザインの差やエンジンの違いなどにより、かなり幅広いグレード展開になっている現行BMW 3シリーズ。中古車の場合、結局どれを買えばいちばん満足できるのか? 検討してみました

▲微妙なデザインの差やエンジンの違いなどにより、かなり幅広いグレード展開になっている現行BMW 3シリーズ。中古車の場合、結局どれを買えばいちばん満足できるのか? 検討してみました

選択肢が豊富すぎてイマイチよくわからん!

つくづく思うのは「中古の現行BMW 3シリーズほど“ちょうどいい車”はない」ということだ。いわゆる威張りはさほど利かないのかもしれないが、それでも十分以上のプレミアム感があり、サイズも手頃で、ゆっくり走っても飛ばしてもとにかく爽快。そして近年の車だけあって燃費性能もまずまず良好。で、中古車であれば予算的にもイケなくはない……ということで、個人的には文句の付けようがない選択肢なのだ。

唯一の問題というか文句は、「選択肢が多すぎて、結局どれを選べばいいのかイマイチよくわからん!」ということだ。

例えば同じ320iでも素の320iの他に「モダン」「ラグジュアリー」「スポーツ」があって、スポーツとよく似た名前の「Mスポーツ」というのもある。そして320iと排気量は同じだけどチューニングと装備が違う328iがあり、でも途中でそれは「330i」に名前が変わって、さらにディーゼルもあって、直6が復活して、プラグインハイブリッドも追加され……と考えていると「あーっ! もうワケわからん!!!」と髪の毛をかきむしりたくなるのだ。

しかし残り少ない髪の毛を減らしてばかりもいられないので、ここはひとつ各年代・各グレードの流通状況や相場などを詳細にリサーチしたうえでいくつかのブロックを編成し、それぞれのブロック内で「結局どれがお買い得なのか?」を競う予選リーグを開催。そして予選リーグの勝者を集めて決勝トーナメントを行い、最終的な勝者(買うべき1台)を決めるべきだとの合理的判断を下した。今回は価格帯(200万~250万円と250万~350万円)で2ブロック、さらにそれぞれでガソリンとディーゼルのグループに分けて検証する。では、さっそくいってみよう。

▲写真は初代から現行までの歴代3シリーズ。奥側向かって右の初代から反時計回りに2代目、3代目、4代目、5代目、そして手前の6代目となる現行BMW 3シリーズと並んでいる

▲写真は初代から現行までの歴代3シリーズ。奥側向かって右の初代から反時計回りに2代目、3代目、4代目、5代目、そして手前の6代目となる現行BMW 3シリーズと並んでいる

お手頃価格の部はガソリン車が優勢か?

■予選第1ブロック:お手頃価格(200万~250万円)の部

車両価格200万~250万円というお手頃予算でイケる部門。100万円台でも探せないことはないが、それらは走行距離多めな場合がほとんど。せっかく現行3シリーズを買うのであればせめて5万km以下のものを狙いたいということで、そうなると車両価格の下限は必然的に200万円になる。

●第1ブロック・グループA:ガソリンエンジン車

この価格帯で狙えるガソリン車は320i系のみで、同じ2Lターボながら高出力で装備充実な328i系はそもそもこの価格帯にはほぼ存在しない。よって選択肢は以下のとおりとなる。

・12年式 320i 流通量:5台/230万~250万円

・12年式 320i スポーツ 流通量:11台/230万~250万円

・12年式 320i ラグジュアリー 流通量:5台/230万~250万円

8月17日時点では、車両価格250万円以下かつ走行5万km以下の「320i Mスポーツ」は流通しておらず、「コア」や「モダン」も0台。スタンダードな「320i」とその他「スポーツ」「ラグジュアリー」では新車時価格は20万円ほど違うが、現在の中古車相場はそれぞれほぼ同等だった。

となると装備の点でやや劣る「320i」は早くも予選落ちが決定し、「スポーツ」と「ラグジュアリー」の一騎打ちに。両者の違いはキドニーグリルやアルミホイールのデザイン、ステアリングやシートの形状などだ。車名のとおりスポーティなテイストなのが「スポーツ」で、いわゆるデラックスな感じなのが「ラグジュアリー」。エンジンや変速機、サスペンションは同一である。

1 2 3 4次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。