体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「確実に手早く炭の火起こしができる」ガジェ通レビュアーが2年半使いまくり自信を持ってオススメするBBQ&キャンプ用品「火起こし&ツボのセット」を紹介

top

BBQの時「こいつ、火を操れるんだぜ」と言われたいアナタへ

ガジェット通信レビュアーの、ふかみんです。

BBQやキャンプの時「こいつ、火を操れるんだぜ」と言われたいアナタ。これ使ってみてください。

その名も「キャプテンスタッグ 大型火消しつぼ火起し器セット

あぁ、なんて実直なネーミング。名前はほんと無骨っていうか、そのまんまっていうか。毎回「大型火消しつぼ火起し器セット」なんて言ってられないので僕は単に「火起こし」とか「ツボ」って呼んでます。BBQやキャンプの時は必ず持っていくアイテムで、購入して2年半。10回以上使ってると思いますが、まだまだいけます。見た目はすすけてきてますが、問題なし。

IMG_5454

BBQでは「炭の火起こし」ってのはどうしても避けて通れないひとつの難所なのですが、これを使えばホントに今までなんだったんだろうというぐらい簡単に火起こしできます。火起こしが簡単ってのはホントに大事です。簡単ってことは確実に狙った時間に炭をベストな状態にしておけるということで、つまり料理を決めた時間に完成させることができるというわけです。なのでこれができると友人や家族から一定の尊敬を得られます。たぶんですけど、火をおこし火を操れる人ってのは原始の時代から尊敬されることになっているみたいです。

まぁ、僕が操ってるんじゃなくて、この火起こし器がすごいんですけどね。
とにもかくにも火起こしがうまくいくとホントに嬉しいですし、気分も爽快、みんな笑顔です。

IMG_6598

逆に火起こしがうまくいかなかった時のことを想像してみてください。みんなイライラ、お腹もすいて、子供たちは泣き叫び、カップルはいがみあい、まるで地獄のような風景です。

IMG_5601

どのパーツも余すことなく活躍し複数の機能を持つ、まさに火起こしのための万能ナイフ的な存在

IMG_6595

火起こしできるって時点でもうすごいんですが、他にもいろいろすごい点が。
火消しつぼの中にすっぽり火起こしが収まるのがコンパクトでこれまたすごくいいんです。

IMG_6605

どのパーツも余すことなく活躍するってのがまたすごいです。機能としては、

・火起こし
・火消しつぼ

を一緒にしたものなんですが、火消しつぼの方は、小さいバケツとしても使えます。
キャンプ行ったときにちょっと川の水を汲みたい、なんてこともあるんですが、意外とちょうどいいものがない。しかしこのツボがあればバケツとして使うことができます。例えばここに水をくんで置いといたりってこともできます。さらに夜「花火しよう」ってなったときにこれに少し水を持っていけば花火の火消しバケツとしても使えます。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。