体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「マンガでメシを食っていく!」漫画家のキャリアフォーラム(1/4)

マンガでメシを食っていく!

本気でプロの漫画家を目指す若者に、都内で低家賃の住宅(シェアハウス)を提供する『トキワ荘プロジェクト』。漫画家の卵がいち早くプロとして自活できるようになるために、アルバイトの時間を減らし、自己投資や本業に専念する時間を作れるようにすることを目的とし、さまざまな支援を行っています。

その中の活動の一環として、プロの漫画家をはじめとしたオピニオンが集結し、漫画家のキャリアプランを考えるフォーラム『マンガでメシを食っていく!』が開催されました。厳しい出版業界の現状や、電子書籍が売れるターゲット層など他では聞けないお話は必読です。

登壇者

うめ/小沢高広(おざわ・たかひろ):漫画家 現在、『大東京トイボックス』『南国トムソーヤ』連載中。キンドル初日本語漫画『青空ファインダーロック』を発売した。

一色登希彦(いしき・ときひこ):漫画家(代表作『ダービージョッキー』『日本沈没』)ジャンプSQ19に『水使いのリンドウ』連載中等

中野晴行(なかの・はるゆき):京都精華大学客員教授/デジタルハリウッド大学客員教授/社団法人日本漫画家協会会員

河田洋次郎(かわた・ようじろう):株式会社ビットウェイ取締役・電子書籍本部長

高橋光輝(たかはし・みつてる):デジタルハリウッド大学大学院准教授、国際アニメ研究所所長(司会担当)

菊池健(きくち・たけし):NPO法人NEWVERY(トキワ荘プロジェクト)事務局長

漫画の出版は、6年連続でマイナス

高橋:はじめまして、高橋と申します。よろしくお願いします。今お話にありました通り、各専門の方々、今日登壇いただいた方々、それぞれ違った専門を持っていますので良い意味でいろんな話が聞ける面があると思います。あと今日、先ほど菊池さんのほうからお話がありましたとおり、いろんな立場の方が来ておられるという事で、疑問や聞きたいことも多々あると思いますので、質疑応答もちょっとボリュームを多く取ったうえ進めたいと思っております。

デジタルハリウッド大学の漫画というとまだまだ研究が足りないということもあります。ですので今回のフォーラムは、『漫画家白書』のイベントに続いて2回目の突破口という形でいきたいと思います。まずは先ほどのプレゼンテーションで菊池さんから国の産業的なものを含めて話がありましたけれども、現場で働いている中野さんから、この漫画産業の現状という形で最新トピックス含めて、さらに詳細なお話をしてもらえればと思いますがいかがでしょうか。

中野:はい、中野です。先ほど出たデータをちょっと補足して去年はどうだったかというのをまずお話しておきたいと思います。去年は、さっき見たデータよりもさらに減って、4091億円に漫画の出版はシュリンクしてまして、6年連続マイナスですね。どうやらそろそろこの4000億を切ってしまうのではないかと言われています。

原因は、雑誌が売れないということに尽きますね。単行本の方は去年プラスなんですね。ただこれは去年集英社さんがかなり熱心に『ワンピース』をプッシュした成果なので……。日本雑誌協会の『マガジンデータ』の最新のものですとジャンプは280万部越えて、時々300万部越える。

ところが『週刊少年サンデー』が、さっき減った減ったと言ってましたけど、さらに減っていまして76万5000部に落ちています。で、『マガジン』が163万3000部ということで、またこれも落ちていますね。だから『ジャンプ』だけが、去年のこの数字を保ちながら、ときどき300万部を越えているという状態で、『マガジン』・『サンデー』は去年よりもまたさらに落ちていると。

で、単行本がいいと言っても、これらは先ほど言った『ワンピース』なんですね。去年、単行本の冊数は、4億6849万冊出ているんですけれども、そのうちなんと8.4%が『ワンピース』です。3960万冊が『ワンピース』です。

うめ:みんな『ワンピース』描けってことですね(笑)。

中野:理論的に考えると他が全部落ちているということですね。

連載の長期化が新人に与える影響

中野:日本の漫画の特徴として単行本の冊数がむちゃくちゃ多いです。一時、『のだめカンタービレ』って作品がヒットした年に、この年は講談社が本当は赤字になると言われていたんだけれども、のだめ効果でプラスに転じました。で、セカチューこと『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットして小学館が高収益を上げた年があるんですけれども、この年、実は収益に貢献したのはセカチューよりも『Dr.コトー』だったわけですね。これは巻数が多いものですから、ドラマ化されて各巻が売れて、あっという間に部数を稼いじゃうわけです。

日本の漫画は一作出すと、巻数があるので結構もうかるよ、という話なんです。ところが、これが若い皆さん、これから漫画家になろうという人たちにとって足かせになるわけですね。なぜかと言うと巻数が多いということは今描いている人が動かないということです。誰か席を空かないと座る場所がないわけですから、これから漫画家になろうとする人たちが非常に苦しいのは席がないということなんですね。

80年代半ばまで若い人たちはどうしていたかというと、必ず読み切り短編というページがあったんですよ。30ページとか、多いときは50ページぐらい。あるいは、先生方が突然、風邪と称して休んでしまう。そういう時に穴が空くのは困るので、50ページくらい編集が預かっていたやつを差し替えで入れたりするわけですね。だから、必ず昔はナントカ先生がお休みのときは特別読み切りというのが載ったんですけれども、これがですね80年代半ばに漫画の雑誌が長編を中心にするというふうに舵(かじ)を切ったもんですから、短編の漫画が載る機会が圧倒的に減りました。いま載ってるというと、部数の少ない月刊誌に限られてきますから、『サンデー』・『マガジン』・『ジャンプ』といった部数が多いところで新人がいきなり短編でデビューというとすごく難しくなっていますね。

鳥山明先生にしても原哲夫先生にしても皆さん、短編でまず出てきて、で長編に持っていっているのですが、今はそういうチャンスがなかなかない。しかも、昔は、だいたいこれくらいの期間の連載でそろそろ先生終わってくださいよというのがあったんですね。

今、週刊漫画ゴラクで『激マン!』という永井豪先生のデビルマンの連載当時のことを描いた作品があるのですが「先生そろそろ終わらせてください」と言われ、「ページをくれたらなんとかするよ」と言ってページを増やして描いたという話があるんですね。昔はだいたい“これくらいで終わる”というのが決まってたんですね。その後は新連載を描くか、誰か編集部として出したい若い漫画家をここに入れるよという話ができたんですけれども、今はもうとにかく終わらない。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。