体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコニコミュージカル第7弾『源氏物語』 公開舞台稽古の様子

ニコミュ『源氏物語』

ドワンゴ主催の舞台、ニコニコミュージカル(以降、ニコミュ)の第7弾、『源氏物語』の公開舞台稽古に行ってきました。名作文学を斬新な解釈で、艶やかに描いた作品。ゲネプロ(本番通りに行う通し稽古)の様子を、写真と共に紹介します。※すべての写真を見るにはこちらから(http://getnews.jp/archives/150813)

紫式部

『源氏物語』は、光源氏の波乱万丈な人生を描いた物語。ニコニコミュージカル『源氏物語』は、“源氏物語は紫式部の妄想が生み出した同人作品だった!?”をテーマに、ユーモアを含めた作品です。

カラフルな竹が気になります

11月16日、新宿全労済ホール/スペース・ゼロの舞台上は、平安時代にタイムスリップしました。

ぽこたさん さすが光源氏!

主演のぽこたさん演じる光源氏は、天下の色男。様々な女性を虜にし、そして幼い紫の上を完璧な女性にすべく育てます。

紫の上と光源氏 このシーンはどんなシーンなのでしょうか

富田真帆さん演じる紫の上は、無邪気に幼い幼少期から美しい大人の女性へと成長をとげます。その過程、そして紫の上の心の動きにも注目です。

合コン中 一気飲み!

湯澤幸一郎さん演じる紫式部とその同人サークル仲間達は、自分達の妄想を『源氏物語』という作品に込めていきます。“現実の男なんていらない!”と言っていた紫式部ですが、藤原道長と合コンが出来るかもと言われると一人盛り上がります。ですがその合コンが『源氏物語』の内容を思わぬ方向へと変えていくことに……。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。