ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AndroidのOSバージョンアップへのメーカー別対応状況が公開、主要メーカーの中でもMotorolaが最も早く、Sony Mobileは最も遅い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モバイルアプリ開発のための解析ツールなどを提供している米 Apteligent は、米国における Android OS のバージョンアップに関する主要メーカーの対応状況を公表しました。今回の統計データは米国で発売された Android スマートフォンのうち、Android 5.x から Android 6.0 バージョンアップされた機種を対象に、Samsung、LG、Motorola、HTC、Sony Mobile、ZTE の 6 社でバージョンアップの対応スピードなどを比較しています。公開されたデータによると、6 メーカー中で最も早くアップデートを開始したのは Motorola で、アップデート開始後の展開スピードが最も早いのは HTC でした。また、Sony Mobile は 6 メーカーの中でアップデートの開始が遅く、しかも展開のスピードも遅いということが分かりました。しかし、アプリの平均クラッシュ率において Sony はトップの低さを記録しており、アップデートが遅い分、ROM の完成度は他のメーカーよりも高いようでした。Source : Apteligent

■関連記事
AlloとDuoは一般ユーザー向け、ハングアウトはビジネスユーザー向け
Android Tips : Googleのビデオ通話アプリ「Duo」のセットアップと使い方を紹介
Spotifyが子供や家族向けの音楽をまとめた「Kids & Family」プレイリストを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP