体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】「刀削麺って何?」そんなアナタに『冷やし野菜刀削麺』はいかがでしょう? @『唐家』

karaya-hiyasiyasai018_R

驚異的なスピードで秋葉原を制圧しつつあるガジェット通信の“ガジェ通秋葉原制覇”ですが、あえて言おう!

「秋葉原にネタ切れと言う文字は無い!」

というわけで、筆者(YELLOW)の好みで勝手に進めている“冷たいラーメン特集”も、まだまだ続く予感です。

刀削麺とはなんぞや?

karaya-hiyasiyasai016_R

読んで字の如く“刀で削る麺”って事なんですが、実際には金属製の適当なヘラを職人さんが自分の好みで曲げて、カスタマイズして使う事が多いです。

その独特な麺の食感が人気でして、筆者も中国に出張していた時はよく食べていました。

karaya-hiyasiyasai001_R

上手い人だと、かなりのスピードで麺を削りながら鍋に飛ばすので見ているだけでも楽しいものでしたね。

秋葉原で刀削麺と言えば『唐家』である!

karaya-hiyasiyasai002_R

そして!

秋葉原には『唐家』と言う刀削麺の専門店があったりします。

karaya-hiyasiyasai003_R

さして刀削麺を日本で食べようとは思わない筆者ですが、なんと“冷やし系メニュー”もあるようなので、早速チェックしてみました。

刀削麺で冷やしってのは、なかなか珍しいと思うので興味津々な筆者です。

karaya-hiyasiyasai004_R

『冷やしカレー刀削麺』VS『冷やし野菜刀削麺』の二択ですが、カレーは冷やしたらアカンだろと思ったので、ココはひとまず『冷やし野菜刀削麺』(850円)の食券を購入します。

『冷やし野菜刀削麺』を食す!

karaya-hiyasiyasai020_R

整いました。

まずネーミング通りの野菜感が良いですね。端っこにある挽肉を見た限りでは“汁無し坦々麺”を想像しますが、確実に辛さは無い『冷やし野菜刀削麺』です。

karaya-hiyasiyasai019_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。