ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

室内でも使える家庭菜園ガジェット「Grobo」は植物に合わせ水やり、温度調整を行うスグレモノ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Grobo趣味で野菜や果物を栽培するのは楽しいもの。成長過程を目の当たりにでき、また収穫も期待できる。

ただ、日々の管理が面倒?そんな人のためにカナダで開発されたのが「Grobo」。Wi-Fiにつなげて使う完全管理型の小さな温室だ。

・温度や湿度も管理

Groboは、タンクから必要に応じて散水するほか、温度や湿度もコントロール。成長には日差しが不可欠だが、太陽光に代わってLEDライトが照らす。

Grobo2土の下には肥料などのパッケージをセットできるようになっていて、土の栄養状態やPhレベルも自動管理される。

・収穫をスマホにお知らせ

Groboのすごいところは、種をまく際にユーザーがアプリで植物の種類を設定すれば、それに応じて水や肥料など全てを自動調整すること。

それから、植物の生育状況などをアプリで管理できるのも便利だ。数カ月に1回「タンクの水がなくなりそう」などのお知らせも届くので、水やりを忘れて枯れさせてしまった、という事態を防げる。そして放っておいても「もう収穫できる」とお知らせが端末に届く。

Grobo3・マンションでも栽培!

Groboで栽培できるのは、トマトやインゲン、イチゴといった野菜や果物、バジルやオレガノなどのハーブ類など。大方の家庭菜園向き品種を育てられる。

Groboの大きさは縦横30センチ、高さ120センチ。マンションでも使えるサイズなので、家庭菜園に興味がある都会暮らしの人にはうってつけだろう。

Groboはサイトでプレオーダーを受け付けていて、予定小売価格1300ドル(13万1000円)のところ、現在899ドル(約9万円)となっている。

発送先はカナダ、米国、ヨーロッパ、オーストラリアとしているが、これ以外の国へも応相談とのことだ。

Grobo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。