ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日産が構想する未来の電気自動車「BladeGlider」のデザインが革新的!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いくつかの例外を除いて、老舗の自動車メーカーから発表されるEV(電気自動車)のデザインは、面白みに欠けることが多い。すなわち、4ドア、4輪、4座席、ハンドルは前方の左右どちらかに設置されるといった、これまでの自動車を踏襲したレイアウトが基本だ。

・未来の電気自動車は三角型?

でも、だからといって未来のEVがこの常識的なレイアウトを守り続ける必要は全くない。このたび日産自動車が、EVのプロトタイプ「BladeGlider」をリオデジャネイロで発表した。

他のEV同様、BladeGliderもリチウムイオン電池による駆動。時速100kmまでの到達時間は5秒以下、最高時速は190kmだという。

ご覧のとおりBladeGliderは、後方が広く、前方が狭い三角型のシルエットだ。この設計は空気力学に基づくもの。結果、ドライバーは前方のセンターに、乗客は後方の2座席に座ることになる。

・運転席はまるでコックピット

継ぎ目のないパノラミックなフロントガラスは、運転席を前方中央に配するこのレイアウトのたまものだろう。

運転席前の3つのスクリーンには、速度、電池状況、トルクマップといった車の重要情報がすべて映し出される。

斜め上後方へヒンジで開くドアも特徴的だ。キャビンへのドラマチックな乗り降りを提供したい、という思いを込めたとのこと。

日産は、このBladeGliderの市販化についてはまだ言及していない。しかし、未来の車に活かされるであろうテクノロジーとデザインを垣間見せてくれたことに変わりはない。

Nissan up the EV design game with new model

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP