体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超絶CG・楽しい音楽・心に残る物語……全ての人におすすめ出来る物語『ジャングル・ブック』クロスレビュー

ジャングル・ブック

『ジャングル・ブック』

【ストーリー】
ジャングルにひとり取り残された人間の赤ん坊、モーグリ。死を待つだけの幼き命を救ったのは、黒ヒョウのバギーラだった。彼がモーグリを母オオカミのラクシャに託した時、モーグリはジャングルの子となった。バギーラから自然の厳しさと生き抜くための知恵を教わり、ラクシャから惜しみない愛を注がれ、モーグリは幸せだった。人間への復讐心に燃える恐ろしいトラのシア・カーンが現れるまでは…。「人間は、ジャングルの敵だ…!」果たしてシア・カーンの言うように、人間であるモーグリはジャングルの“脅威”なのか? それとも、ジャングルに光をもたらす“希望”なのか?そして、モーグリを守ろうとするジャングルの仲間たちの運命は……?

【スタッフ】
監督:ジョン・ファブロー
原作:ルドヤード・キプリング

【キャスト】
モーグリ:ニール・セディ
バギーラ:ベン・キングズレー/松本幸四郎
バルー:ビル・マーレイ/西田敏行
ラクシャ:ルピタ・ニョンゴ/宮沢りえ
シア・カーン:イドリス・エルバ/伊勢谷友介
カー:スカーレット・ヨハンソン
アキーラ:ジャンカルロ・エスポジート
キング・ルーイ:クリストファー・ウォーケン

2016年8月11日公開。
http://www.disney.co.jp/movie/junglebook/

ジャングル・ブック

完璧までに美しい映像。だが、『ジャングル・ブック』の素晴らしさはヴィジュアルだけでは無い!

まず何をおいても言わずにはいられないのは、動物の毛並みが信じられないほどリアル! CGを売りにした数多くの作品を観て慣れているはずだったのだが、ここまで本物そっくりとは思わず、嬉しい驚きだった。動物園でさえ見たことがない動物の生態や、魅力的だが危険で足を踏み入ることができない異国の地。実際に体験したことがなくても、スクリーンのすみずみから伝わってくるジャングルの日差しや水の冷たさ、木漏れ日、草いきれなどが手に取るように感じられ、どの場面も完璧なまでに美しい。

だが実写『ジャングル・ブック』の素晴らしさはヴィジュアルだけではない。主人公モーグリの成長譚として楽しめるのはもちろん、種族の垣根を超えた家族愛や、厳しいジャングルの掟をどうとらえるかなど、観終わった後にそれぞれが必ず何かしら心に残っているはずだ。あと忘れてはいけないのが音楽。監督のジョン・ファヴローは『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』でソウルフードを探しにアメリカを横断しながら、行く先々でその土地の音楽を魅力的に使用していたが、今回はエンディングでニュー・オーリンズの大御所ドクター・ジョンを起用。監督の南部音楽への愛が感じられ、ファンには嬉しい限り。豪華キャストによる劇中の歌も楽しんでほしい。アニメ版を観たことのないお子さんにも、子供のころにラドヤード・キプリングの原作を読んでワクワクした大人にも、老若男女関係なく、全ての人に自信を持ってお薦めしたい。

【プロフィール】♪akira
WEBマガジン「柳下毅一郎の皆殺し映画通信」(http://www.targma.jp/yanashita/)内、“♪akiraのスットコ映画の夕べ”で映画レビューを、「翻訳ミステリー大賞シンジケート」HP(http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/)で、腐女子にオススメのミステリ&新作映画レビュー“読んで、腐って、萌えつきて”を連載中。

『ジャングル・ブック』が気に入ったら『シェフ』も観て!

筆者はジョン・ファヴロー監督の『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』が人生ベスト級に大好きです。『カウボーイ&エイリアン』はさておき、『ザスーラ』や『アイアンマン』シリーズも最高で、時に役者としての姿(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』など)も見せてくれる彼の芸達者ぶりには脱帽です。そんな敬愛すべきファヴロー監督の最新作、しかも近年のディズニーがチカラを入れているクラシック作品の実写リメイクとあっては、もう観ない理由がないでしょう!

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy