体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】冷やしラーメンの決定版!『冷やかけ中華そば』を食す! @『田中そば店』

tanaka-hiyasi014_R

秋葉原にあるガジェット通信編集部の周辺には、美味しいラーメン屋さんが多くあります。

しかし!

秋葉原という土地柄なのか、比較的コッテリ系なラーメンが主流でして、油に弱くなった中高年の胃には少々刺激が強いのも事実です。

そんな時、この『田中そば店』の洗練されたあっさり風味のスープは、一服の清涼剤になります。

『冷やかけ中華そば』が始まっていた件

tanaka-hiyasi001_R

店の前は何度も通るのですが、筆者が知らないうちに『冷やかけ中華そば』(850円)みたいな夏らしいラーメンが販売されていました。

tanaka-hiyasi004_R

さりげなく筆者の嗜好で勝手に始めた”冷やしラーメン特集”の真打ちとも呼べる一品ではないでしょうか?

tanaka-hiyasi003_R

これは絶対に美味しい予感なので始めから大盛りという選択肢もあるのですが、この後の取材も考えて、とりあえずは“普通盛り”的なデフォルトで食べてみる事にします。

『冷やかけ中華そば』を食す!

tanaka-hiyasi015_R

整いました。

『田中そば店』は超絶オープンキッチンなので調理している様子も見えるのですが、麺もしっかり水で洗った後に“氷水”で冷やしていたので、コイツはかなり期待出来ますね。

見た目は『田中そば店』のスタンダードメニューである『中華そば』(750円)でして、写真だと冷たいラーメンには見えない予感です。

tanaka-hiyasi017_R

あと、とにかくスープの透明度が凄いですね。

照明の加減で角度によってはスープが見えないレベルでして、まるで丼の中に麺が浮かんでいるかのような錯覚に陥ります。

このスープのベースが豚骨なのですから、ラーメンの世界は奥が深いですね。

キンキンに冷やされたスープが美味しい件

tanaka-hiyasi020_R

まずはスープから行ってみましょう。

さすがに冷やしているので熱いラーメンに比べて香りは控え目ですが、レンゲを近づけるとラーメンらしい香りがします。

とは言え、この『田中そば店』の基本となる清湯系の豚骨スープっぽさは控え目に感じますね。ここら辺は流石に熱いラーメンに分があります。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。