ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZenFone 3 Ultraの箱は馬鹿でかい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現時点では台湾でしか発売されていない ZenFone 3 シリーズの大画面モデル「ZenFone 3 Ultra」の箱の写真を現地の業者さんに送ってもらいましたのでシェアします。ZenFone 3 Ultra は 6.8 インチディスプレイを搭載したほぼ 7 インチタブレットに近い画面サイズのスマートフォンで、スペックは ZenFone 3 Deluxe には劣りますが、Tru2Life ディスプレイ技術やハイレゾ音源の再生、7.1ch サラウンドの DTS Headphone-X、デュアルの 5 Magnet ステレオスピーカーを搭載するなど映像と音に関する機能が優れています。台湾では先月下旬から販売されているものの、現時点では流通量がかなり少ないらしく、ショップに入荷するのはせいぜい 1 ~ 2 台が限界とのこと。そのため、しばらくは高値で売買されると見られています。箱を見るとその大きさに驚きました。現物には触れていませんが、タブレット並みの大きさです。蓋を開けてみると、その理由は一目瞭然。本体と付属品が並べて収納されています。イヤホンやプラスチックの専用ケース入りのようです。ZenFone 3 に関する別の情報としては、台湾では 8 月 8 日に ZE552KL のホワイトとブルーが発売される予定でしたが、ホワイトが先行して本日発売されています。今後は各ショップでホワイトの取り扱いも開始されることでしょう。Source : モバイルゲージ

■関連記事
Action Launcher 3.9-betaでNexus Launcherを再現可能に
Googleは今後、Android版Googleマップに駐車場の空き状況を表示する計画
スマモバ、arrows M03(ホワイト)の販売を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP